箴言31
    脚注
    Theme

    第31章

    1 マッサのおうレムエルの言葉ことば、すなわちそのははかれおしえたものである。

    2 わがよ、なにおうか。わがたいよ、なにおうか。わたしががんをかけてよ、なにをいおうか。

    3 あなたのちからおんなについやすな、おうをもほろぼすものに、あなたのみちまかせるな。

    4 レムエルよ、さけむのは、おうのすることではない、おうのすることではない、さけもとめるのはきみたるもののすることではない。

    5 かれらはさけんで、おきてをわすれ、すべてなやもののさばきをげる。

    6 さけほろびようとしているものあたえ、さけこころくるしむひとあたえよ。

    7 かれらはんで自分じぶん貧乏びんぼうわすれ、そのなやみをもはやおもさない。

    8 あなたはだまっているひとのために、すべてのみなしごのうったえのために、くちひらくがよい。

    9 くちひらいて、ただしいさばきをおこない、まずしいものとぼしいものうったえをただせ。

    10 だれがかしこつまつけることができるか、彼女かのじょ宝石ほうせきよりもすぐれてたっとい。

    11 そのおっとこころ彼女かのじょ信頼しんらいして、収益しゅうえきけることはない。

    12 彼女かのじょきながらえているあいだ、そのおっとのためにいことをして、わるいことをしない。

    13 彼女かのじょひつじ亜麻あまもとめて、ずからのぞみのように、それを仕上しあげる。

    14 また商人しょうにんふねのように、とおくにから食糧しょくりょうはこんでくる。

    15 彼女かのじょはまだよるのあけぬうちにきて、そのいえものものそなえ、そのおんなたちに日用にちようぶんあたえる。

    16 彼女かのじょはたけをよくかんがえてそれをい、そのはたらきのをもって、ぶどうばたけをつくり、

    17 ちからをもってこしおびし、そのうでつよくする。

    18 彼女かのじょはその商品しょうひんのもうけのあるのをっている、そのともしびは終夜しゅうやえることがない。

    19 彼女かのじょ糸取いととぼうにのべ、そのに、つむをち、

    20 まずしいものひらき、とぼしいひとをさしのべる。

    21 彼女かのじょはそのいえもののためにゆきおそれない、そのいえものはみなくれない着物きものているからである。

    22 彼女かのじょ自分じぶんのためにうつくしいしとねをつくり、亜麻あまぬのむらさきぬのとをもってその着物きものとする。

    23 そのおっとはその長老ちょうろうたちとともに、まちもんするので、ひとられている。

    24 彼女かのじょ亜麻あまぬの着物きものをつくって、それをり、おびをつくって商人しょうにんわたす。

    25 ちから気品きひんとは彼女かのじょ着物きものである、そしてのちわらっている。

    26 彼女かのじょくちひらいて知恵ちえかたる、そのしたにはいつくしみのおしえがある。

    27 彼女かのじょいえことをよくかえりみ、おこたりのかてをべることをしない。

    28 そのらはがって彼女かのじょしゅくし、そのおっともまた彼女かのじょをほめたたえてう、

    29 「りっぱにことをなしげるおんなおおいけれども、あなたはそのすべてにまさっている」と。

    30 あでやかさはいつわりであり、うつくしさはつかのまである、しかししゅおそれるおんなはほめたたえられる。

    31 そのはたらきの彼女かのじょあたえ、そのおこないのために彼女かのじょまちもんでほめたたえよ。