聖典
箴言29
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第29章

1 しばしばしかられても、なおかたくななものは、たちまちやぶられてたすかることはない。

2 ただしいもの権力けんりょくればたみよろこび、しきものおさめるとき、たみはうめきくるしむ。

3 知恵ちえあいするひとはそのちちよろこばせ、遊女ゆうじょまじわるものはその資産しさん浪費ろうひする。

4 おう公儀こうぎをもってくにかたくする、しかし、重税じゅうぜいてるものはこれをほろぼす。

5 そのとなびとにへつらうものは、かれあしまえあみる。

6 悪人あくにん自分じぶんつみのわなにおちいる、しかしただしいひとよろこたのしむ。

7 ただしいひとまずしいものうったえをかえりみる、しきひとはそれをろうとはしない。

8 あざけるひとまちみだし、知恵ちえあるものいかりをしずめる。

9 知恵ちえあるひとおろかなひとあらそうと、おろかなものはただいかり、あるいはわらって、やすむことがない。

10 えているひとつみのないものにくむ、しきものかれいのちもとめる。

11 おろかなものいかりをことごとくあらわし、知恵ちえあるものしずかにこれをおさえる。

12 もしおさめるものいつわりの言葉ことばくならば、その役人やくにんらはみなわるくなる。

13 まずしいものと、しえたげるものとはともにおる、しゅかれ両者りょうしゃひかりあたえられる。

14 もしおうまずしいもの公平こうへいにさばくならば、そのくらいはいつまでもかたつ。

15 むちといましめとは知恵ちえあたえる、わがままにさせたはそのはははじをもたらす。

16 しきもの権力けんりょくるとつみす、ただしいものかれらのたおれるのをる。

17 あなたのこらしめよ、そうすればかれはあなたをやすらかにし、またあなたのこころよろこびをあたえる。

18 預言よげんがなければたみはわがままにふるまう、しかし律法りっぽうまもものはさいわいである。

19 しもべは言葉ことばだけで訓練くんれんすることはできない、かれいてっても、こころにとめないからである。

20 言葉ことば軽率けいそつひとるか、かれよりもかえっておろかなもののほうにのぞみがある。

21 しもべをそのおさなときからわがままにそだてるひとは、ついにはそれを自分じぶんのあとつぎにする。

22 いかひとあらそいをおこし、いきどおひとおおくのつみおかす。

23 ひとたかぶりはそのひとひくくし、こころにへりくだるものほまれる。

24 ぬすびとにくみするもの自分じぶんたましいにくむ、かれはのろいをいても何事なにごとをも口外こうがいしない。

25 ひとおそれると、わなにおちいる、しゅ信頼しんらいするものやすらかである。

26 おさめるもの歓心かんしんようとするひとおおい、しかしひとことさだめるのはしゅによる。

27 ただしいひと不正ふせいおこなひとにくみ、しきものただしくあゆひとにくむ。