箴言24
    脚注
    Theme

    第24章

    1 あくおこなひとをうらやんではならない、またかれらとともにおることをねがってはならない。

    2 かれらはそのこころ強奪ごうだつはかり、そのくちびるにひとをそこなうことをかたるからである。

    3 いえ知恵ちえによっててられ、さとりによってかたくせられ、

    4 また、へやは知識ちしきによってさまざまのたっとく、うるわしいたからたされる。

    5 知恵ちえあるものつよひとよりもつよく、知識ちしきあるひとちからあるひとよりもつよい。

    6 指揮しきによってたたかいをすることができ、勝利しょうりおおくのするものがいるからである。

    7 知恵ちえたかくておろかなものおよぶところではない、おろかなものもんくちひらくことができない。

    8 あくおこなうことをはかものひとはいたずらものととなえる。

    9 おろかなものはかるところはつみであり、あざけるものひとにくまれる。

    10 もしあなたがなやみのをくじくならば、あなたのちからよわい。

    11 死地しちにひかれゆくものたすせ、ほろびによろめきゆくものすくえ。

    12 あなたが、われわれはこれをらなかったといっても、こころをはかるものはそれをさとらないであろうか。あなたのたましいまもものはそれをらないであろうか。かれはおのおののおこないにより、ひとむくいないであろうか。

    13 わがよ、みつべよ、これはいものである、また、はちのしたたりはあなたのくちあまい。

    14 知恵ちえもあなたのたましいにはそのようであることをれ。それをるならば、かならずむくいがあって、あなたののぞみは、すたらない。

    15 しきものがするように、ただしいものいえをうかがってはならない、そのところ乱暴らんぼうをしてはならない。

    16 ただしいものは七たびたおれても、またきあがる、しかし、しきものわざわいによってほろびる。

    17 あなたのあだがたおれるときたのしんではならない、かれのつまずくときこころよろこんではならない。

    18 しゅはそれをわるいこととし、そのいかりをかれからてんじられる。

    19 あくおこなもののゆえにこころなやましてはならない、よこしまなものをうらやんではならない。

    20 しきものにはのちむくいはない、よこしまなもののともしびはされる。

    21 わがよ、しゅおうとをおそれよ、そのいずれにも従順じゅうじゅんであってはならない。

    22 そのわざわいはたちまちおこるからである。この二つのものからくるほろびをだれがようか。

    23 これらもまた知恵ちえあるもの箴言しんげんである。片寄かたよったさばきをするのは、よくない。

    24 しきものかって、「あなたはただしい」というものを、人々ひとびとはのろい、諸民しょみんにくむ。

    25 しきものをせめるものめぐみをる、また幸福こうふくあたえられる。

    26 ただしいこたえをするものは、くちびるに、くちづけするのである。

    27 そとで、あなたの仕事しごとととのえ、はたけで、すべてのものをおのれのためにそなえ、そののちあなたのいえてるがよい。

    28 ゆえなくとなびとてきして、証言しょうげんをしてはならない、くちびるをもってあざむいてはならない。

    29 かれがわたしにしたように、わたしもかれにしよう、わたしはひとがしたところにしたがって、そのひとむくいよう」とってはならない。

    30 わたしはなまけものはたけのそばと、知恵ちえのないひとのぶどうはたけのそばをとおってみたが、

    31 いばらが一面いちめんえ、あざみがその地面じめんをおおい、そのいしがきはくずれていた。

    32 わたしはこれをみてこころをとどめ、これを教訓きょうくんた。

    33 「しばらくねむり、しばらくまどろみ、をこまぬいて、またしばらくやすむ」。

    34 それゆえ、まずしさはぬすびとのように、あなたにとぼしさは、つわもののように、あなたにる。