箴言11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 いつわりのはかりはしゅにくまれ、ただしいふんどうはかれよろこばれる。

    2 たかぶりがれば、はじもまたる、へりくだるものには知恵ちえがある。

    3 ただしいもの誠実せいじつはそのひとみちびき、不信実ふしんじつもののよこしまはそのひとほろぼす。

    4 たからいかりのえきなく、正義せいぎひとすくして、まぬかれさせる。

    5 誠実せいじつものは、その正義せいぎによって、そのみちをまっすぐにせられ、しきものは、そのあくによってたおれる。

    6 ただしいものはその正義せいぎによってすくわれ、不信実ふしんじつもの自分じぶんよくによってとらえられる。

    7 しきものぬとき、そののぞみはえ、不信心ふしんじんもののぞみもまたえる。

    8 ただしいものは、なやみからすくわれ、しきものかわってそれにおちいる。

    9 不信心ふしんじんものはそのくちをもってとなびとほろぼす、ただしいもの知識ちしきによってすくわれる。

    10 ただしいものが、しあわせになれば、そのまちよろこび、しきものほろびると、よろこびのこえがおこる。

    11 まちただしいもの祝福しゅくふくによって、たかくあげられ、しきものくちによって、ほろぼされる。

    12 となびとあなどもの知恵ちえがない、さときひとくちをつぐむ。

    13 ひとのよしあしをいあるくもの秘密ひみつをもらす、こころ忠信ちゅうしんなるものことかくす。

    14 指導者しどうしゃがなければたみたおれ、助言者じょげんしゃおおければ安全あんぜんである。

    15 他人たにんのために保証ほしょうをするものくるしみをうけ、保証ほしょうをきらうもの安全あんぜんである。

    16 しとやかなおんなは、ほまれ強暴きょうぼうおとことみる。

    17 いつくしみあるものはおのれ自身じしんえき残忍ざんにんものはおのれのをそこなう。

    18 しきものむくいはむなしく、正義せいぎものたしかなむくいをる。

    19 正義せいぎかたたもものいのちいたり、あくもとめるものまねく。

    20 こころのねじけたものしゅにくまれ、まっすぐにみちあゆものかれよろこばれる。

    21 たしかに、悪人あくにんばつまぬかれない、しかしただしいひとすくいる。

    22 うつくしいおんなつつしみがないのは、きんの、ぶたのはなにあるようだ。

    23 ただしいものねがいは、すべて結果けっかしきもののぞみはいかりにいたる。

    24 ほどこらして、なおとみひとがあり、あたえるべきものをしんで、かえってまずしくなるものがある。

    25 物惜ものおしみしないものみ、ひとうるおもの自分じぶんうるおされる。

    26 穀物こくもつを、しまいんでらないものたみにのろわれる、それをもののこうべには祝福しゅくふくがある。

    27 ぜんもとめるものめぐみをる、あくもとめるものにはあくる。

    28 自分じぶんとみたのものおとろえる、ただしいもの青葉あおばのようにさかえる。

    29 自分じぶん家族かぞくくるしめるものかぜ所有しょゆうとする、おろかなものこころのさときもののしもべとなる。

    30 ただしいものむすいのちである、不法ふほうものひといのちをとる。

    31 もしただしいものがこのばっせられるならば、しきものつみびととは、なおさらである。