聖典
箴言18
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第18章

1 ひとまじわりをしないもの口実こうじつさがし、すべてのよいかんがえにはげしく反対はんたいする。

2 おろかなものさとることをよろこばず、ただ自分じぶん意見いけんあらわすことをよろこぶ。

3 しきものると、いやしめもまたる、不名誉ふめいよると、はずかしめもともにくる。

4 ひとくち言葉ことばふかみずのようだ、知恵ちえいずみは、わいてながれるかわである。

5 しきものをえこひいきすることはくない、ただしいものをさばいて、しきものとすることもくない。

6 おろかなもののくちびるはあらそいをおこし、そのくちはむちたれることをまねく。

7 おろかなものくち自分じぶんほろびとなり、そのくちびるは自分じぶんとらえるわなとなる。

8 ひとのよしあしをいうもの言葉ことばはおいしい食物しょくもつのようで、はらおくにしみこむ。

9 その仕事しごとおこたものは、ほろぼすもの兄弟きょうだいである。

10 しゅ堅固けんごなやぐらのようだ、ただしいものはそのなかはしりこんですくいる。

11 めるものとみはそのかたしろである、それはたか城壁じょうへきのようにかれまもる。

12 ひとこころたかぶりはほろびにさきだち、謙遜けんそん栄誉えいよにさきだつ。

13 ことをよくかないでこたえるものは、おろかであってはじをこうむる。

14 ひとこころ病苦びょうくをもしのぶ、しかしこころいたむときは、だれがそれにえようか。

15 さときものこころ知識ちしき知恵ちえあるものみみ知識ちしきもとめる。

16 ひとおくものは、そのひとのためにみちをひらき、またたっとひとまえかれみちびく。

17 さきうったものただしいようにえる、しかしそのうったえられたひとて、それを調しらべて、ことあきらかになる。

18 くじはあらそいをとどめ、かつつよあらそ相手あいてあいだ決定けっていする。

19 たすけあう兄弟きょうだい堅固けんごしろのようだ、しかしあらそいは、やぐらのかんのようだ。

20 ひと自分じぶん言葉ことばむすによって、り、そのくちびるの産物さんぶつによってみずかきる。

21 せいとはした支配しはいされる、これをあいするものはそのべる。

22 つまものは、ものる、かつしゅからめぐみをあたえられる。

23 まずしいものは、あわれみをい、めるものは、はげしいこたえをする。

24 にはともらしいせかけのともがある、しかし兄弟きょうだいよりもたのもしいとももある。