聖典
詩篇69
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第69篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってゆりのはなのしらべにあわせてうたわせたダビデのうた

1 かみよ、わたしをおすくいください。大水おおみずながて、わたしのくびにまでたっしました。

2 わたしはあしがかりもないふかどろなかしずみました。わたしはふかみずおちいり、大水おおみずがわたしのうえながぎました。

3 わたしはさけびによってつかれ、わたしののどはかわき、わたしのかみちわびておとろえました。

4 ゆえなく、わたしをにくものはわたしのあたまよりもおおく、いつわってわたしのてきとなり、わたしをほろぼそうとするものつよいのです。わたしはぬすまなかったものをもつぐなわなければならないのですか。

5 かみよ、あなたはわたしのおろかなことをっておられます。わたしのもろもろのとがはあなたにかくれることはありません。

6 万軍ばんぐんかみしゅよ、あなたをのぞものがわたしのことによって、はずかしめられることのないようにしてください。イスラエルのかみよ、あなたをもとめるものがわたしのことによって、はじわせられることのないようにしてください。

7 わたしはあなたのためにそしりをい、はじがわたしのかおをおおったのです。

8 わたしはわが兄弟きょうだいには、らぬものとなり、わがははらには、のけものとなりました。

9 あなたのいえおも熱心ねっしんがわたしをいつくし、あなたをそしるもののそしりがわたしにおよんだからです。

10 わたしが断食だんじきをもってわたしのたましいなやませば、かえってそれによってそしりをうけました。

11 わたしが荒布あらぬのころもとすれば、かえってかれらのことわざとなりました。

12 わたしはもんするもの話題わだいとなり、いどれのうたとなりました。

13 しかししゅよ、わたしはあなたにいのります。かみよ、めぐみのときに、あなたのいつくしみのゆたかなるにより、わたしにおこたえください。

14 あなたのまことのすくいにより、わたしをどろなかしずまぬようたすしてください。わたしをにくものから、またふかみずからわたしをたすしてください。

15 大水おおみずがわたしのうえながぎることなく、ふちがわたしをのむことなく、あながそのくちをわたしのうえじることのないようにしてください。

16 しゅよ、あなたのいつくしみのふかきにより、わたしにおこたえください。あなたのあわれみのゆたかなるにより、わたしをかえりみてください。

17 あなたのかおをしもべにかくさないでください。わたしはなやんでいるのです。すみやかにわたしにおこたえください。

18 わたしにちかって、わたしをあがない、わがてきのゆえにわたしをおすくいください。

19 あなたはわたしのけるそしりと、はじと、はずかしめとをっておられます。わたしのあだはみなあなたのまえにあります。

20 そしりがわたしのこころくだいたので、わたしはのぞみをうしないました。わたしは同情どうじょうするものもとめたけれども、ひとりもなく、なぐさめるものもとめたけれども、ひとりもませんでした。

21 かれらはわたしの食物しょくもつどくれ、わたしのかわいたときませました。

22 かれらのまえ食卓しょくたくあみとし、かれらが犠牲ぎせいをささげるまつりを、わなとしてください。

23 かれらのくらくしてえなくし、かれらのこしつねふるわせ、

24 あなたのいきどおりをかれらのうえにそそぎ、あなたのはげしいいかりをかれらにいつかせてください。

25 かれらの宿営しゅくえいあらし、ひとりもその天幕てんまくまわせないでください。

26 かれらはあなたがたれたもの迫害はくがいし、あなたがきずつけられたものをさらにくるしめるからです。

27 かれらに、ばつばつくわえ、あなたの赦免しゃめんにあずからせないでください。

28 かれらをいのちのからって、義人ぎじんのうちに記録きろくされることのないようにしてください。

29 しかしわたしはなやくるしんでいます。かみよ、あなたのすくいがわたしをたかところかれますように。

30 わたしはうたをもってかみをほめたたえ、感謝かんしゃをもってかみをあがめます。

31 これは雄牛おうしまたはつのとひずめのある雄牛おうしにまさってしゅよろこばせるでしょう。

32 へりくだるものは、これをよろこべ。かみもとめるものよ、あなたがたのこころきかえらせよ。

33 しゅとぼしいものき、そのとらわれびとをかろしめられないからである。

34 てんしゅをほめたたえ、うみとそのなかうごくあらゆるものはしゅをほめたたえよ。

35 かみはシオンをすくい、ユダの町々まちまちなおされるからである。そのしもべらはそこにんでこれを所有しょゆうし、

36 そのしもべらの子孫しそんはこれをぎ、みあいするものはそのなかむであろう。