聖典
詩篇60
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第60篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによって、「あかしのゆり」というしらべにあわせておしえのためにうたわせたダビデのミクタムのうた。これはダビデが、アラムナハライムおよびアラムゾバとたたかったとき、ヨアブがそのかえりに、しおたにでエドムびと一万二千にんころしたときによんだもの

1 かみよ、あなたはわれらをて、われらをやぶられました。あなたはいきどおられました。ふたたびわれらをかえしてください。

2 あなたはくにふるわせ、これをかれました。そのやぶれをいやしてください。くにうごくのです。

3 あなたはそのたみえがたいことをさせ、ひとをよろめかすさけをわれらにませられました。

4 あなたはゆみまえからのがれたものふたたあつめようとあなたをおそれるもののために一つのはたてられました。〔セラ

5 あなたのあいされるものたすけをるために、みぎをもって勝利しょうりあたえ、われらにこたえてください。

6 かみはその聖所せいじょわれた、「わたしはおおいなるよろこびをもってシケムをかち、スコテのたにかちあたえよう。

7 ギレアデはわたしのもの、マナセもわたしのものである。エフライムはわたしのかぶと、ユダはわたしのつえである。

8 モアブはわたしのあしだらい、エドムにはわたしのくつをげる。ペリシテについては、かちどきをあげる」と。

9 だれがわたしを堅固けんごまちいたらせるでしょうか。だれがわたしをエドムにみちびくでしょうか。

10 かみよ、あなたはわれらをてられたではありませんか。かみよ、あなたはわれらの軍勢ぐんぜいともかれません。

11 われらにたすけをあたえて、あだにむかわせてください。ひとたすけはむなしいのです。

12 われらはかみによっていさましくはたらきます。われらのあだをみにじるものかみだからです。