聖典
詩篇73
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第73篇

アサフのうた

1 かみただしいものにむかい、こころきよものにむかって、まことにめぐみふかい。

2 しかし、わたしは、わたしのあしがつまずくばかり、わたしのあゆみがすべるばかりであった。

3 これはわたしが、しきものさかえるのをて、そのたかぶるものをねたんだからである。

4 かれらにはくるしみがなく、そのはすこやかで、つやがあり、

5 ほかの人々ひとびとのようになやむことがなく、ほかの人々ひとびとのようにたれることはない。

6 それゆえ高慢こうまんかれらのくびかざりとなり、暴力ぼうりょくころものようにかれらをおおっている。

7 かれらはふとって、そのはとびいで、そのこころおろかなおもいにちあふれている。

8 かれらはあざけり、悪意あくいをもってかたり、たかぶって、しえたげをかたる。

9 かれらはそのくちてんにさからってき、そのしたをあるきまわる。

10 それゆえたみこころえてかれらをほめたたえ、かれらのうちにあやまちをみとめない。

11 かれらはう、「かみはどうしてようか、いとたかもの知識ちしきがあろうか」と。

12 よ、これらはしきものであるのに、つねやすらかで、そのとみくわわる。

13 まことに、わたしはいたずらにこころをきよめ、つみおかすことなくあらった。

14 わたしはひねもすたれ、あさごとにこらしめをうけた。

15 もしわたしが「このようなことかたろう」とったなら、わたしはあなたのらのあやまらせたであろう。

16 しかし、わたしがこれをろうとおもいめぐらしたとき、これはわたしにめんどうな仕事しごとのようにおもわれた。

17 わたしがかみ聖所せいじょって、かれらの最後さいごさとたまではそうであった。

18 まことにあなたはかれらをなめらかなところき、かれらをほろびにおちいらせられる。

19 なんとかれらはまたたくまにほろぼされ、おそれをもってまった一掃いっそうされたことであろう。

20 あなたがをさましてかれらのかげをかろしめられるとき、かれらはゆめみたひとをさましたときのようである。

21 わたしのたましいいたみ、わたしのこころされたとき、

22 わたしはおろかでさとりがなく、あなたにたいしてはけもののようであった。

23 けれどもわたしはつねにあなたとともにあり、あなたはわたしのみぎたもたれる。

24 あなたはさとしをもってわたしをみちびき、そののちわたしをけて栄光えいこうにあずからせられる。

25 わたしはあなたのほかに、だれをてんにもちよう。にはあなたのほかにしたうものはない。

26 わがとわがこころとはおとろえる。しかしかみはとこしえにわがこころちから、わがぎょうである。

27 よ、あなたにとおものほろびる。あなたは、あなたにそむくものほろぼされる。

28 しかしかみちかくあることはわたしにいことである。わたしはしゅなるかみをわがどころとして、あなたのもろもろのみわざをつたえるであろう。