聖典
    詩篇89
    脚注
    Theme

    第89篇

    エズラびとエタンのマスキールのうた

    1 しゅよ、わたしはとこしえにあなたのいつくしみをうたい、わたしのくちをもってあなたのまことをよろずよにらせます。

    2 あなたのいつくしみはとこしえにかたち、あなたのまことはてんのようにゆるぐことはありません。

    3 あなたはわれました、「わたしはわたしのえらんだもの契約けいやくむすび、わたしのしもべダビデにちかった、

    4 『わたしはあなたの子孫しそんをとこしえにかたくし、あなたの王座おうざてて、よろずよにいたらせる』」。〔セラ

    5 しゅよ、もろもろのてんにあなたのくすしきみわざをほめたたえさせ、せいなるもののつどいで、あなたのまことをほめたたえさせてください。

    6 大空おおぞらのうちに、だれかしゅならぶものがあるでしょうか。かみらのうちに、だれかしゅのようなものがあるでしょうか。

    7 しゅせいなるもの会議かいぎにおいておそるべきかみ、そのまわりにあるすべてのものにまさっておおいなるおそるべきものです。

    8 万軍ばんぐんかみしゅよ、しゅよ、だれかあなたのように大能たいのうのあるものがあるでしょうか。あなたのまことは、あなたをめぐっています。

    9 あなたはうみれるのをおさめ、そのなみおこるとき、これをしずめられます。

    10 あなたはラハブを、ころされたもののようにくだき、あなたのてきちからあるうでをもってらされました。

    11 もろもろのてんはあなたのもの、もまたあなたのもの、世界せかいとそのなかにあるものとはあなたがそのもといをおかれたものです。

    12 きたみなみはあなたがこれをつくられました。タボルとヘルモンは、みよろこうたいます。

    13 あなたは大能たいのううでをもたれます。あなたのつよく、あなたのみぎたかく、

    14 公平こうへいはあなたのみくらのもとい、いつくしみと、まことはあなたのまえきます。

    15 まつりよろこびのこえたみはさいわいです。しゅよ、かれらはみかおひかりのなかをあゆみ、

    16 ひねもす、みによってよろこび、あなたのをほめたたえます。

    17 あなたはかれらのちから栄光えいこうだからです。われらのつのはあなたのめぐみによってたかくあげられるでしょう。

    18 われらのたてしゅぞくし、われらのおうはイスラエルの聖者せいじゃぞくします。

    19 むかしあなたはまぼろしをもってあなたの聖徒せいとげてわれました、「わたしは勇士ゆうし栄冠えいかんさづけ、たみなかからえらばれたものたかくあげた。

    20 わたしはわがしもべダビデをて、これにわがせいなるあぶらをそそいだ。

    21 わがつねかれともにあり、わがうではまたかれつよくする。

    22 てきかれをだますことなく、しきものかれいやしめることはない。

    23 わたしはかれまえにもろもろのあだをほろぼし、かれにくものどもをたおす。

    24 わがまことと、わがいつくしみはかれともにあり、わがによってかれつのたかくあげられる。

    25 わたしはかれうみうえにおき、かれみぎかわうえにおく。

    26 かれはわたしにむかい『あなたはわがちち、わがかみ、わがすくいいわ』とぶであろう。

    27 わたしはまたかれをわがういごとし、おうたちのうちのもっとたかものとする。

    28 わたしはとこしえに、わがいつくしみをかれのためにたもち、わが契約けいやくかれのためにかたつ。

    29 わたしはかれ家系かけいをとこしえにかたさだめ、そのくらいてんかずのようにながらえさせる。

    30 もしその子孫しそんがわがおきてをて、わがさばきにしたがってあゆまないならば、

    31 もしかれらがわがさだめをおかし、わがいましめをまもらないならば、

    32 わたしはつえをもってかれらのとがをばっし、むちをもってかれらの不義ふぎばっする。

    33 しかし、わたしはわがいつくしみをかれからることなく、わがまことにそむくことはない。

    34 わたしはわが契約けいやくやぶることなく、わがくちびるから言葉ことばえることはない。

    35 わたしはひとたびわがせいによってちかった。わたしはダビデにいつわりをわない。

    36 かれ家系かけいはとこしえにつづき、かれくらい太陽たいようのようにつねにわたしのまえにある。

    37 またつきのようにとこしえにかたさだめられ、大空おおぞらつづくかぎりかたつ」。〔セラ

    38 しかしあなたは、あなたのあぶらそそがれたものててしりぞけ、かれたいしてはげしくいかられました。

    39 あなたはそのしもべとの契約けいやく廃棄はいきし、かれかんむりになげうって、けがされました。

    40 あなたはその城壁じょうへきをことごとくこわし、そのとりでをれすたれさせられました。

    41 そこをとおぎるものみなかれをかすめ、かれはそのとなびとのあざけりとなりました。

    42 あなたはかれのあだのみぎたかくあげ、そのもろもろのてきよろこばせられました。

    43 まことに、あなたはかれのつるぎのをかえして、かれたたかいにたせられなかったのです。

    44 あなたはかれからおうのつえをり、その王座おうざげすてられました。

    45 あなたはかれわかをちぢめ、はじをもってかれをおおわれました。〔セラ

    46 しゅよ、いつまでなのですか。とこしえにおおかくれになるのですか。あなたのいかりはいつまでのようにえるのですか。

    47 しゅよ、ひとのいのちの、いかにみじかく、すべてのひとを、いかにはかなくつくられたかを、みこころにとめてください。

    48 だれかきてず、そのたましい陰府よみちからからすくいうるものがあるでしょうか。〔セラ

    49 しゅよ、あなたがまことをもってダビデにちかわれたむかしのいつくしみはどこにありますか。

    50, 51 しゅよ、あなたのしもべがうけるはずかしめをみこころにとめてください。しゅよ、あなたのもろもろのてきはわたしをそしり、あなたのあぶらそそがれたもの足跡あしあとをそしります。わたしはもろもろのたみのそしりをわたしのふところにいだいているのです。

    52 しゅはとこしえにほむべきかな。アァメン、アァメン。