聖典
詩篇34
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第34篇

ダビデがアビメレクのまえくるったさまをよそおい、われてていったときのうた

1 わたしはつねしゅをほめまつる。そのさんびはわたしのくちえない。

2 わがたましいしゅによってほこる。くるしむものはこれをいてよろこぶであろう。

3 わたしとともしゅをあがめよ、われらはともにみをほめたたえよう。

4 わたしがしゅもとめたとき、しゅはわたしにこたえ、すべてのおそれからわたしをたすされた。

5 しゅあおて、ひかりよ、そうすれば、あなたがたは、じてかおあかくすることはない。

6 このくるしむものばわったとき、しゅいて、すべてのなやみからすくされた。

7 しゅ使つかいしゅおそれるもののまわりにじんをしいてかれらをたすけられる。

8 しゅめぐみふかきことをあじわいれ、しゅたのひとはさいわいである。

9 しゅ聖徒せいとよ、しゅおそれよ、しゅおそれるものにはとぼしいことがないからである。

10 わかきししはとぼしくなってえることがある。しかししゅもとめるものものけることはない。

11 らよ、てわたしにけ、わたしはしゅおそるべきことをあなたがたにおしえよう。

12 さいわいをようとして、いのちをしたい、ながらえることをこのひとはだれか。

13 あなたのしたをおさえてあくわせず、あなたのくちびるをおさえていつわりをわすな。

14 あくはなれてぜんをおこない、やわらぎをもとめて、これをつとめよ。

15 しゅただしいひとをかえりみ、そのみみかれらのさけびにかたむく。

16 しゅのみかおあくおこなものにむかい、その記憶きおくからほろぼされる。

17 ただしいものたすけをさけもとめるとき、しゅいて、かれらをそのすべてのなやみからたすされる。

18 しゅこころくだけたものちかく、たましいのいくずおれたものすくわれる。

19 ただしいものにはわざわいおおい。しかし、しゅはすべてそのなかからかれたすされる。

20 しゅかれほねをことごとくまもられる。その一つだにられることはない。

21 あくしきものころす。ただしいものにくものつみさだめられる。

22 しゅはそのしもべらのいのちをあがなわれる。しゅたのものはひとりだにつみさだめられることはない。