聖典
詩篇36
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第36篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたしゅのしもべダビデのうた

1 とがはしきものにむかい、そのこころのうちにう。そのまえかみおそれるおそれはない。

2 かれ自分じぶん不義ふぎがあらわされないため、またにくまれないために、みずからそのでおもねる。

3 そのくち言葉ことばはよこしまとあざむきである。かれ知恵ちえることと、ぜんおこなこととをやめた。

4 かれはそのとこうえでよこしまなことをたくらみ、よからぬみちをおいて、あくをきらわない。

5 しゅよ、あなたのいつくしみはてんにまでおよび、あなたのまことはくもにまでおよぶ。

6 あなたのかみやまのごとく、あなたのさばきはおおきなふちのようだ。しゅよ、あなたはひとけものとをすくわれる。

7 かみよ、あなたのいつくしみはいかにたっといことでしょう。ひとらはあなたのつばさのかげにどころ

8 あなたのいえゆたかなのによってりる。あなたはそのたのしみのかわみずかれらにませられる。

9 いのちのいずみはあなたのもとにあり、われらはあなたのひかりによってひかりる。

10 どうか、あなたをものえずいつくしみをほどこし、こころなおものえずすくいほどこしてください。

11 たかぶるものあしがわたしをみ、しきものがわたしをすことをゆるさないでください。

12 あくおこなものはそこにたおれ、かれらはせられて、きあがることはできない。