聖典
    詩篇7
    脚注
    Theme

    第7篇

    ベニヤミンびとクシのことについてダビデがしゅにむかってうたったシガヨンのうた

    1 わがかみしゅよ、わたしはあなたにたのみます。どうかすべてのせまものからわたしをすくい、わたしをおたすけください。

    2 さもないとかれらは、ししのように、わたしをかきき、たすけるものないうちに、いてくでしょう。

    3 わがかみしゅよ、もしわたしがこのことおこなったならば、もしわたしのによこしまなことがあるならば、

    4 もしわたしのともあくをもってむくいたことがあり、ゆえなく、てきのものを略奪りゃくだつしたことがあるならば、

    5 てきにわたしをとらえさせ、わたしのいのちみにじらせ、わたしのたましいをちりにゆだねさせてください。〔セラ

    6 しゅよ、いかりをもってち、わたしのてきいきどおりにむかってちあがり、わたしのためにをさましてください。あなたはさばきをめいじられました。

    7 もろもろのたみをあなたのまわりにつどわせ、そのうえなるたかみくらにおすわりください。

    8 しゅはもろもろのたみをさばかれます。しゅよ、わたしのと、わたしにある誠実せいじつとにしたがって、わたしをさばいてください。

    9 どうかしきものあくち、ただしきものかたたせてください。なるかみよ、あなたはひとこころおもいとを調しらべられます。

    10 わたしをまもたてかみである。かみこころなおものすくわれる。

    11 かみなるさばきびと、ごとにいきどおりをおこされるかみである。

    12 もしひとあらためないならば、かみはそのつるぎをとぎ、そのゆみってかまえ、

    13 またいたらせる武器ぶきそなえ、その火矢ひやとされる。

    14 よ、しきもの邪悪じゃあくをはらみ、害毒がいどくをやどし、いつわりをむ。

    15 かれあなって、それをふかくし、みずからつくったあなおちいる。

    16 その害毒がいどく自分じぶんのかしらにかえり、その強暴きょうぼう自分じぶんのこうべにくだる。

    17 わたしはしゅにむかって、そのにふさわしい感謝かんしゃをささげ、いとたかものなるしゅをほめうたうであろう。