聖典
詩篇142
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第142篇

ダビデがほらあなにいたときによんだマスキールのうたいのり

1 わたしはこえしてしゅばわり、こえしてしゅねがもとめます。

2 わたしはみまえにわがなげきをそそし、みまえにわがなやみをあらわします。

3 わがれいのわがうちにえうせようとするときも、あなたはわがみちられます。かれらはわたしをとらえようとわたしのみちにわなをかくしました。

4 わたしはみぎほうそそいで見回みまわしたが、わたしにこころをとめるものはひとりもありません。わたしにはどころがなく、わたしをかえりみるひとはありません。

5 しゅよ、わたしはあなたにばわります。わたしはいます、「あなたはわがどころけるものでわたしのくべきぶんです。

6 どうか、わがさけびにみこころをとめてください。わたしは、はなはだしくひくくされています。わたしをめるものからたすしてください。かれらはわたしにまさってつよいのです。

7 わたしをひとやからし、み感謝かんしゃさせてください。あなたがゆたかにわたしをあしらわれるので、ただしい人々ひとびとはわたしのまわりにあつまるでしょう」。