聖典
    詩篇104
    脚注
    Theme

    第104篇

    1 わがたましいよ、しゅをほめよ。わがかみしゅよ、あなたはいともおおいにしてほまれ威厳いげんとを

    2 ひかりころものようにまとい、てんまくのようにり、

    3 みずうえにおのが高殿たかどののうつばりをおき、くもをおのれのいくさぐるまとし、かぜつばさりあるき、

    4 かぜをおのれの使者ししゃとし、ほのおをおのれのしもべとされる。

    5 あなたはをそのもというえにすえて、とこしえにうごくことのないようにされた。

    6 あなたはこれをころもでおおうように大水おおみずでおおわれた。みずはたたえて山々やまやまうええた。

    7 あなたのとがめによってみず退しりぞき、あなたのかみなりこえによってみずった。

    8 やまちあがり、たにはあなたがさだめられたところしずんだ。

    9 あなたはみずさかいさだめて、これをえさせず、ふたたをおおうことのないようにされた。

    10 あなたはいずみたににわきさせ、それを山々やまやまあいだながれさせ、

    11 のもろもろのけものませられる。のろばもそのかわきをいやす。

    12 そらとりもそのほとりにみ、こずえのあいだにさえずりうたう。

    13 あなたはその高殿たかどのからもろもろのやまみずそそがれる。はあなたのみわざのをもってたされる。

    14 あなたは家畜かちくのためにくさをはえさせ、またひとのためにその栽培さいばいする植物しょくぶつあたえて、から食物しょくもつさせられる。

    15 すなわちひとこころよろこばすぶどうしゅ、そのかおをつややかにするあぶらひとこころつよくするパンなどである。

    16 しゅと、しゅがおえになったレバノンの香柏こうはくとはゆたかにうるおされ、

    17 とりはそのなかをつくり、こうのとりはもみのをそのすまいとする。

    18 たかやまはやぎのすまい、いわいわだぬきのかくれるところである。

    19 あなたはつきつくって季節きせつさだめられた。はそのときっている。

    20 あなたはくらやみをつくってよるとされた。そのときはやしけものみなしのる。

    21 わかきししはほえてえさをもとめ、かみ食物しょくもつもとめる。

    22 ると退しりぞいて、そのあなる。

    23 ひとてわざにつき、その勤労きんろうゆうべにおよぶ。

    24 しゅよ、あなたのみわざはいかにおおいことであろう。あなたはこれらをみな知恵ちえをもってつくられた。はあなたのつくられたものでちている。

    25 かしこにおおいなるひろうみがある。そのなか無数むすうのもの、大小だいしょうものちている。

    26 そこにふねはしり、あなたがつくられたレビヤタンはそのなかたわむれる。

    27 かれらはみなあなたがときにしたがって食物しょくもつをおあたえになるのを期待きたいしている。

    28 あなたがおあたえになると、かれらはそれをあつめる。あなたがひらかれると、かれらはものたされる。

    29 あなたがみかおかくされると、かれらはあわてふためく。あなたがかれらのいきられると、かれらはんでちりにかえる。

    30 あなたがれいおくられると、かれらはつくられる。あなたはのおもてをあらたにされる。

    31 どうか、しゅ栄光えいこうがとこしえにあるように。しゅがそのみわざをよろこばれるように。

    32 しゅられると、ふるい、やまれられると、けむりをいだす。

    33 わたしはきるかぎり、しゅにむかってうたい、ながらえるあいだはわがかみをほめうたおう。

    34 どうか、わたしのおもいがしゅよろこばれるように。わたしはしゅによってよろこぶ。

    35 どうか、つみびとがからほろぼされ、しきものが、もはや、いなくなるように。わがたましいよ、しゅをほめよ。しゅをほめたたえよ。