聖典
詩篇16
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第16篇

ダビデのミクタムのうた

1 かみよ、わたしをおまもりください。わたしはあなたにたのみます。

2 わたしはしゅう、「あなたはわたしのしゅ、あなたのほかにわたしのさいわいはない」と。

3 にある聖徒せいとは、すべてわたしのよろこぶすぐれた人々ひとびとである。

4 おおよそ、ほかのかみえらものかなしみをす。わたしはかれらのささげる灌祭かんさいそそがず、そのくちにとなえることをしない。

5 しゅはわたしのぎょう、またわたしのさかずきにうくべきもの。あなたはわたしのまえまもられる。

6 はかりなわは、わたしのためにこのましいところちた。まことにわたしはぎょうた。

7 わたしにさとしをさずけられるしゅをほめまつる。よるはまた、わたしのこころがわたしをおしえる。

8 わたしはつねしゅをわたしのまえく。しゅがわたしのみぎにいますゆえ、わたしはうごかされることはない。

9 このゆえに、わたしのこころたのしみ、わたしのたましいよろこぶ。わたしのもまたやすらかである。

10 あなたはわたしを陰府よみておかれず、あなたの聖者せいじゃはかさせられないからである。

11 あなたはいのちのみちをわたしにしめされる。あなたのまえにはちあふれるよろこびがあり、あなたのみぎには、とこしえにもろもろのたのしみがある。