聖典
詩篇124
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第124篇

ダビデがよんだみやこもうでのうた

1 いま、イスラエルはえ、しゅがもしわれらのほうにおられなかったならば、

2 人々ひとびとがわれらにさからってちあがったとき、しゅがもしわれらのほうにおられなかったならば、

3 かれらのいかりがわれらにむかってえたったとき、かれらはわれらをきているままで、のんだであろう。

4 また大水おおみずはわれらをながし、激流げきりゅうはわれらのうええ、

5 さかみずはわれらのうええたであろう。

6 しゅはほむべきかな。しゅはわれらをえじきとしてかれらのにわたされなかった。

7 われらは野鳥やちょうとらえるわなをのがれるとりのようにのがれた。わなはやぶれてわれらはのがれた。

8 われらのたすけは天地てんちつくられたしゅのみにある。