聖典
    詩篇10
    脚注
    Theme

    第10篇

    1 しゅよ、なにゆえとおはなれてたれるのですか。なにゆえなやみのときかくされるのですか。

    2 しきものたかぶってまずしいものはげしくめます。どうぞかれらがそのくわだてたはかりごとにみずからとらえられますように。

    3 しきもの自分じぶんこころねがいをほこり、むさぼるものしゅをのろい、かつてる。

    4 しきものほこかおをして、かみもとめない。そのおもいに、すべて「かみはない」という。

    5 かれみちつねさかえ、あなたのさばきはかれはなれてたかく、かれはそのすべてのあだを口先くちさきく。

    6 かれこころうちう、「わたしはうごかされることはなく、世々よよわざわいにあうことがない」と。

    7 そのくちはのろいと、あざむきと、しえたげとにち、そのしたしたには害毒がいどく不正ふせいとがある。

    8 かれ村里むらざとかくにおり、しのびやかなところつみのないものころす。そのるべなきものをうかがい、

    9 かくにひそむししのように、ひそかにせする。かれまずしいものとらえようとせし、まずしいものあみにひきいれてとらえる。

    10 るべなきものかれちからによってちくじかれ、おとろえ、たおれる。

    11 かれこころのうちにう、「かみわすれた、かみはそのかおかくした、かみえてることはなかろう」と。

    12 しゅよ、ちあがってください。かみよ、みをあげてください。くるしむものわすれないでください。

    13 なにゆえ、しきものかみあなどり、こころのうちに「あなたはとがめることをしない」とうのですか。

    14 あなたはみそなわし、なやみとくるしみとをて、それをみられます。るべなきものはあなたにをゆだねるのです。あなたはいつもみなしごをたすけられました。

    15 しきものあくおこなものうでり、そのあくを一つものこさないまでにさぐしてください。

    16 しゅはとこしえにおうでいらせられる。もろもろの国民くにたみほろびてしゅくにからあとつでしょう。

    17 しゅよ、あなたは柔和にゅうわものねがいをき、そのこころつよくし、みみかたむけて、

    18 みなしごと、しえたげられるものとのためにさばきをおこなわれます。ぞくするひとふたたひとおびやかすことはないでしょう。