聖典
    詩篇127
    脚注
    Theme

    第127篇

    ソロモンがよんだみやこもうでのうた

    1 しゅいえてられるのでなければ、てるもの勤労きんろうはむなしい。しゅまちまもられるのでなければ、まももののさめているのはむなしい。

    2 あなたがたがはやき、おそくやすみ、辛苦しんくのかてをべることは、むなしいことである。しゅはそのあいするものに、ねむっているときにも、なくてならぬものをあたえられるからである。

    3 よ、子供こどもたちはかみからたまわったぎょうであり、たいむくいの賜物たまものである。

    4 壮年そうねんとき子供こども勇士ゆうしにあるのようだ。

    5 ちた矢筒やづつひとはさいわいである。かれもんてき物言ものいうときじることはない。