聖典
詩篇18
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第18篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたしゅのしもべダビデのうた、すなわちしゅがもろもろのあだのとサウルのからすくされたにダビデはこのうた言葉ことばしゅにむかってべてった

1 わがちからなるしゅよ、わたしはあなたをあいします。

2 しゅはわがいわ、わがしろ、わたしをすくもの、わがかみ、わがたのいわ、わがたて、わがすくいつの、わがたかきやぐらです。

3 わたしはほめまつるべきしゅばわって、わたしのてきからすくわれるのです。

4 つなは、わたしをき、ほろびの大水おおみずは、わたしをおそいました。

5 陰府よみつなは、わたしをかこみ、のわなは、わたしにちむかいました。

6 わたしはなやみのうちにしゅばわり、わがかみさけもとめました。しゅはそのみやからわたしのこえかれ、しゅにさけぶわたしのさけびがそのみみたっしました。

7 そのときうごき、山々やまやまもといふるうごきました。しゅがおいかりになったからです。

8 けむりはそのはなからちのぼり、はそのくちからきつくし、すみはそれによってえあがりました。

9 しゅてんをたれてくだられ、くらやみがそのあししたにありました。

10 しゅはケルブにってび、かぜつばさをもってかけり、

11 やみをおおいとして、自分じぶんのまわりにき、みずふくんだくらくもをその幕屋まくやとされました。

12 そのみまえかがやきからくもやぶって、ひょうとえるすみとがってきました。

13 しゅはまたてんかみなりをとどろかせ、いとたかものがみこえされると、ひょうとえるすみとがってきました。

14 しゅはなってかれらをらし、いなずまをひらめかしてかれらをやぶられました。

15 しゅよ、そのとき、あなたのとがめと、あなたのはなのいぶきとによって、うみそこはあらわれ、もといがあらわになったのです。

16 しゅたかところからみべて、わたしをとらえ、大水おおみずからわたしをきあげ、

17 わたしのつよてきと、わたしをにくものとからわたしをたすされました。かれらはわたしにまさってつよかったからです。

18 かれらはわたしのわざわいにわたしをおそいました。しかししゅはわたしのささえとなられました。

19 しゅはわたしをひろところにつれし、わたしをよろこばれるがゆえに、わたしをたすけられました。

20 しゅはわたしのにしたがってわたしにむくい、わたしのきよきにしたがってわたしにむくいかえされました。

21 わたしはしゅみちまもり、悪意あくいをもって、わがかみはなれたことがなかったのです、

22 そのすべてのおきてはわたしのまえにあって、わたしはそのさだめをてたことがなかったのです。

23 わたしはしゅまえけたところがなく、自分じぶんまもってつみおかしませんでした。

24 このゆえにしゅはわたしのにしたがい、そのまえにわたしのきよきにしたがってわたしにむくいられました。

25 あなたはいつくしみあるものには、いつくしみあるものとなり、けたところのないものには、けたところのないものとなり、

26 きよものには、きよものとなり、ひがんだものには、ひがんだものとなられます。

27 あなたはくるしんでいるたみすくわれますが、たかぶるをひくくされるのです。

28 あなたはわたしのともしびをともし、わがかみしゅはわたしのやみをてらされます。

29 まことに、わたしはあなたによっててきぐんやぶり、わがかみによって城壁じょうへきをとびえることができます。

30 このかみこそ、そのみち完全かんぜんであり、しゅ言葉ことば真実しんじつです。しゅはすべてたのものたてです。

31 しゅのほかに、だれがかみでしょうか。われらのかみのほかに、だれがいわでしょうか。

32 かみはわたしにちからびさせ、わたしのみち安全あんぜんにされました。

33 かみはわたしのあしをめじかのあしのようにされ、わたしをたかところ安全あんぜんたせ、

34 わたしのたたかいにらされたので、わたしのうで青銅せいどうゆみをもひくことができます。

35 あなたはそのすくいたてをわたしにあたえ、あなたのみぎはわたしをささえ、あなたのたすけはわたしをおおいなるものとされました。

36 あなたがわたしのあゆところひろくされたので、わたしのあしはすべらなかったのです。

37 わたしはてきって、これにいつき、これをほろぼしつくすまではかえらなかったのです。

38 わたしがかれらをとおしたので、かれらはちあがることができず、わたしのあしもとにたおれました。

39 あなたはたたかいのためにわたしにちからびさせ、わたしにかうものらをわたしのもとに、かがませられました。

40 あなたはてきにそのうしろをわたしにけさせられたので、わたしは自分じぶんにくものほろぼしました。

41 かれらはたすけをさけもとめたが、すくものはなく、しゅにむかってさけんだけれども、かれらにこたえられなかったのです。

42 わたしはかれらをかぜまえのちりのようにこまかにくだき、ちまたのどろのようにてました。

43 あなたはたみあらそいからわたしをすくい、わたしをもろもろの国民くにたみのかしらとされました。わたしのらなかったたみがわたしにつかえました。

44 かれらはわたしのことくと、ただちにわたしにしたがい、異邦いほう人々ひとびとはきて、わたしにへつらいました。

45 異邦いほう人々ひとびとちしおれて、そのしろからふるえながらてきました。

46 しゅきておられます。わがいわはほむべきかな。わがすくいかみはあがむべきかな。

47 かみはわたしにあだをむくいさせ、もろもろのたみをわたしのもとにしたがわせ、

48 わたしのてきからわたしをすくされました。まことに、あなたはわたしにさからっておこりたつものうえにわたしをあげ、不法ふほうひとからわたしをすくされました。

49 このゆえにしゅよ、わたしはもろもろの国民くにたみのなかであなたをたたえ、あなたのみをほめうたいます。

50 しゅはそのおうおおいなる勝利しょうりあたえ、そのあぶらそそがれたものに、ダビデとその子孫しそんとに、とこしえにいつくしみをくわえられるでしょう。