聖典
詩篇135
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第135篇

1 しゅをほめたたえよ、しゅのみをほめたたえよ。しゅのしもべたちよ、ほめたたえよ。

2 しゅいえもの、われらのかみいえ大庭おおにわものよ、ほめたたえよ。

3 しゅめぐみふかい、しゅをほめたたえよ。しゅじょうぶかい、そのみをほめうたえ。

4 しゅはおのがためにヤコブをえらび、イスラエルをえらんで、おのれの所有しょゆうとされた。

5 わたしはしゅおおいなることと、われらのしゅのすべてのかみにまさることとをっている。

6 しゅはそのみこころにかなうことを、てんにもにも、うみにもすべてのふちにもおこなわれる。

7 しゅのはてからくもをのぼらせ、あめのためにいなずまをつくり、そのくらからかぜされる。

8 しゅひとからけものにいたるまで、エジプトのういごをたれた。

9 エジプトよ、しゅはおまえのなかに、しるしと不思議ふしぎとをおくって、パロとそのすべてのしもべとにのぞまれた。

10 しゅおおくの国民くにたみち、ちからあるおうたちをころされた。

11 すなわちアモリびとのおうシホン、バシャンのおうオグ、ならびにカナンのすべての国々くにぐにである。

12 しゅかれらのぎょうとし、そのたみイスラエルにぎょうとしてあたえられた。

13 しゅよ、あなたのみはとこしえにえることがない。しゅよ、あなたの名声めいせいはよろずよにおよぶ。

14 しゅはそのたみをさばき、そのしもべらにあわれみをかけられるからである。

15 もろもろの国民くにたみ偶像ぐうぞうはしろがねと、こがねで、ひとのわざである。

16 それはくちがあってもかたることができない。があってもることができない。

17 みみがあってもくことができない。またそのくちにはいきがない。

18 これをつくものと、これに信頼しんらいするものとはみな、これとひとしいものになる。

19 イスラエルのいえよ、しゅをほめよ。アロンのいえよ、しゅをほめよ。

20 レビのいえよ、しゅをほめよ。しゅおそれるものよ、しゅをほめまつれ。

21 エルサレムにまわれるしゅは、シオンからほめたたえらるべきである。しゅをほめたたえよ。