聖典
詩篇59
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第59篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによって、「ほろぼすな」というしらべにあわせてうたわせたダビデのミクタムのうた。これはサウルがダビデをころそうとしてひとをつかわし、そのいえをうかがわせたときダビデのよんだもの

1 わがかみよ、どうかわたしをわがてきからたすし、わたしにさからっておこりたつものからおまもりください。

2 あくおこなものからわたしをたすし、ながひとからわたしをおすくいください。

3 よ、かれらはひそみかくれて、わたしのいのちをうかがい、ちからある人々ひとびとともあつまってわたしをめます。しゅよ、わたしにとがもつみもなく、

4 わたしにあやまちもないのに、かれらははしりまわってそなえをします。わたしをたすけるためにをさまして、ごらんください。

5 万軍ばんぐんかみしゅよ、あなたはイスラエルのかみです。をさまして、もろもろの国民くにたみばっし、あくをたくらむものどもに、あわれみをほどこさないでください。〔セラ

6 かれらはゆうごとにかえってきて、いぬのようにほえてまちをあさりまわる。

7 よ、かれらはそのくちをもってほえさけび、そのくちびるをもってうなり、「だれがくものか」とう。

8 しかし、しゅよ、あなたはかれらをわらい、もろもろの国民くにたみをあざけりわらわれる。

9 わがちからよ、わたしはあなたにむかってほめうたいます。かみよ、あなたはわたしのたかきやぐらです。

10 わがかみはそのいつくしみをもってわたしをむかえられる。わがかみはわたしにてき敗北はいぼくさせられる。

11 どうぞ、わがたみわすれることのないために、かれらをころさないでください。しゅ、われらのたてよ、みちからをもってかれらをよろめかせ、かれらをたおれさせないでください。

12 かれらのくちつみ、そのくちびるの言葉ことばのためにかれらをそのたかぶりにとらわれさせてください。かれらがかたるのろいといつわりのために

13 いきどおりをもってかれらをほろぼし、もはやながらえることのないまでに、かれらをほろぼしてください。そうすればのはてまで、人々ひとびとかみがヤコブをおさめられることをるにいたるでしょう。〔セラ

14 かれらはゆうごとにかえってきて、いぬのようにほえてまちをあさりまわる。

15 かれらはもののためにあるきまわり、くことをなければいかりうなる。

16 しかし、わたしはあなたのみちからをうたい、あさにはこえをあげてみいつくしみをうたいます。あなたはわたしのなやみのにわがたかきやぐらとなり、わたしのどころとなられたからです。

17 わがちからよ、わたしはあなたにむかってほめうたいます。かみよ、あなたはわがたかきやぐら、わたしにいつくしみをたまわるかみであられるからです。