聖典
詩篇46
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第46篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによっておんなこえのしらべにあわせてうたわせたコラのうた

1 かみはわれらのどころまたちからである。なやめるときのいとちかたすけである。

2 このゆえに、たといかわり、やまうみ真中まなかうつるとも、われらはおそれない。

3 たといそのみずりとどろき、あわだつとも、そのさわぎによってやまふるうごくとも、われらはおそれない。〔セラ

4 一つのかわがある。そのながれはかみみやこよろこばせ、いとたかものせいなるすまいをよろこばせる。

5 かみがそのなかにおられるので、みやこはゆるがない。かみあさはやく、これをたすけられる。

6 もろもろのたみさわぎたち、もろもろのくにうごく、かみがそのこえされるとける。

7 万軍ばんぐんしゅはわれらとともにおられる、ヤコブのかみはわれらのどころである。〔セラ

8 て、しゅのみわざをよ、しゅおどろくべきことをおこなわれた。

9 しゅのはてまでもたたかいをやめさせ、ゆみり、やりをち、戦車せんしゃかれる。

10 しずまって、わたしこそかみであることをれ。わたしはもろもろの国民くにたみのうちにあがめられ、ぜんにあがめられる」。

11 万軍ばんぐんしゅはわれらとともにおられる、ヤコブのかみはわれらのどころである。〔セラ