聖典
詩篇35
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第35篇

ダビデのうた

1 しゅよ、わたしとあらそものとあらそい、わたしとたたかものたたかってください。

2 たて大盾おおだてとをって、わたしをたすけるためにちあがってください。

3 やりとげやりとをいて、わたしにせまものちむかい、「わたしはおまえのすくいである」と、わたしにってください。

4 どうか、わたしのいのちもとめるものをはずかしめ、いやしめ、わたしにむかってあくをたくらむもの退しりぞけ、あわてふためかせてください。

5 かれらをかぜまえのもみがらのようにし、しゅ使つかいかれらをいやらせてください。

6 かれらのみちくらく、なめらかにし、しゅ使つかいかれらをかせてください。

7 かれらはゆえなくわたしのためにあみかくし、ゆえなくわたしのためにあなったからです。

8 不意ふいほろびをかれらにのぞませ、みずからかくしたあみにとらえられ、かれらをほろびにおちいらせてください。

9 そのときわがたましいしゅによってよろこび、そのすくいをもってたのしむでしょう。

10 わたしのほねはことごとくうでしょう、「しゅよ、だれかあなたにたぐうべきものがありましょう。あなたはよわものつよものからたすし、よわものまずしいものを、かすめうばものからたすされるかたです」と。

11 悪意あくいのある証人しょうにんおこって、わたしのらないことをわたしにたずねる。

12 かれらはあくをもってわたしのぜんむくい、わがたましいるべなきものとした。

13 しかし、わたしはかれらがんだとき、荒布あらぬのをまとい、断食だんじきしてわがくるしめた。わたしはむねにこうべをたれていのった、

14 ちょうど、わがとも、わが兄弟きょうだいのためにかなしんだかのように。わたしはははをいたむもののようにかなしみうなだれてあるきまわった。

15 しかしかれらはわたしのつまずくとき、よろこびつどい、ともにあつまってわたしをめた。わたしのらない他国たこくものはわたしをののしってやめなかった。

16 かれらはますます、けがす言葉ことばをもってあざけり、わたしにむかってをかみならした。

17 しゅよ、いつまであなたはながめておられますか、わたしをかれらの破壊はかいから、わたしのいのちをわかきししからすくしてください。

18 わたしはおおいなるつどいのなかで、あなたに感謝かんしゃし、おおくのたみなかで、あなたをほめたたえるでしょう。

19 いつわってわたしのてきとなったものどものわたしについてよろこぶことをゆるさないでください。ゆえなく、わたしをにくものどものたがいにくばせすることをゆるさないでください。

20 かれらは平和へいわかたらず、くにのうちにおだやかにものにむかってあざむきの言葉ことばをたくらむからです。

21 かれらはわたしにむかってくちをあけひろげ、「あはぁ、あはぁ、われらのはそれをた」といます。

22 しゅよ、あなたはこれをられました。もださないでください。しゅよ、わたしにとおざからないでください。

23 わがかみ、わがしゅよ、わがさばきのため、わがうったえのためにふるいたち、をさましてください。

24 わがかみしゅよ、あなたのにしたがってわたしをさばき、わたしのことについてかれらをよろこばせないでください。

25 かれらにそのこころのうちで、「あはぁ、われらのねがったことがたっせられた」とわせないでください。またかれらに「われらはかれほろぼしつくした」とわせないでください。

26 わたしのわざわいよろこものどもをともにじ、あわてふためかせてください。わたしにむかってほこりたかぶるものどもにはじと、はずかしめとをせてください。

27 わたしのよろこものをばよろこびのこえをあげてよろこばせ、「そのしもべの幸福こうふくよろこばれるしゅおおいなるかな」とつねにわせてください。

28 わたしのしたはひねもすあなたのと、あなたのほまれとをかたるでしょう。