聖典
詩篇22
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第22篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってあけぼののめじかのしらべにあわせてうたわせたダビデのうた

1 わがかみ、わがかみ、なにゆえわたしをてられるのですか。なにゆえとおはなれてわたしをたすけず、わたしのなげきの言葉ことばかれないのですか。

2 わがかみよ、わたしがひるよばわっても、あなたはこたえられず、よるよばわっても平安へいあんません。

3 しかしイスラエルのさんびのうえしておられるあなたはせいなるおかたです。

4 われらの先祖せんぞたちはあなたに信頼しんらいしました。かれらが信頼しんらいしたので、あなたはかれらをたすけられました。

5 かれらはあなたにばわってすくわれ、あなたに信頼しんらいしてはじをうけなかったのです。

6 しかし、わたしはむしであって、ひとではない。ひとにそしられ、たみあなどられる。

7 すべてわたしをものは、わたしをあざあざわらい、くちびるをし、かしらをうごかしてう、

8 かれしゅをゆだねた、しゅかれたすけさせよ。しゅかれよろこばれるゆえ、しゅかれすくわせよ」と。

9 しかし、あなたはわたしをうまれさせ、ははのふところにわたしをやすらかにまもられたかたです。

10 わたしはうまれたときから、あなたにゆだねられました。ははたいてからこのかた、あなたはわたしのかみでいらせられました。

11 わたしをとおはなれないでください。なやみがちかづき、たすけるものがないのです。

12 おおくの雄牛おうしはわたしをき、バシャンのつよ雄牛おうしはわたしをかこみ、

13 かきき、ほえたけるししのように、わたしにむかってくちひらく。

14 わたしはみずのようにそそされ、わたしのほねはことごとくはずれ、わたしの心臓しんぞうは、ろうのように、むねのうちでけた。

15 わたしのちから陶器とうき破片はへんのようにかわき、わたしのしたはあごにつく。あなたはわたしをのちりにさせられる。

16 まことに、いぬはわたしをめぐり、あくおこなものれがわたしをかこんで、わたしのあしつらぬいた。

17 わたしは自分じぶんほねをことごとくかぞえることができる。かれらはをとめて、わたしをる。

18 かれらはたがいにわたしの衣服いふくけ、わたしの着物きものをくじびきにする。

19 しかししゅよ、とおはなれないでください。わがちからよ、はやてわたしをおたすけください。

20 わたしのたましいをつるぎから、わたしのいのちをいぬちからからたすしてください。

21 わたしをししのくちから、くるしむわがたましい野牛のうしつのからすくしてください。

22 わたしはあなたのみ兄弟きょうだいたちにげ、会衆かいしゅうなかであなたをほめたたえるでしょう。

23 しゅおそれるものよ、しゅをほめたたえよ。ヤコブのもろもろのすえよ、しゅをあがめよ。イスラエルのもろもろのすえよ、しゅをおじおそれよ。

24 しゅくるしむものくるしみをかろんじ、いとわれず、またこれにみかおかくすことなく、そのさけぶときにかれたからである。

25 おおいなる会衆かいしゅうなかで、わたしのさんびはあなたからるのです。わたしはしゅおそれるものまえで、わたしのちかいをはたします。

26 まずしいものべてくことができ、しゅたずもとめるものしゅをほめたたえるでしょう。どうか、あなたがたのこころがとこしえにきるように。

27 のはてのものはみなおもして、しゅかえり、もろもろのくにのやからはみな、みまえおがむでしょう。

28 くにしゅのものであって、しゅはもろもろの国民くにたみおさめられます。

29 ほこたかぶるものはみなしゅおがみ、ちりにくだものも、おのれをきながらえさせえないものも、みなそのみまえにひざまずくでしょう。

30 子々孫々ししそんそんしゅつかえ、人々ひとびとしゅのことをきたるべきまでかたつたえ、

31 しゅがなされたそのすくいのちうまれるたみにのべつたえるでしょう。