聖典
詩篇78
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第78篇

アサフのマスキールのうた

1 わがたみよ、わがおしえき、わがくち言葉ことばみみかたむけよ。

2 わたしはくちひらいて、たとえをかたり、いにしえからの、なぞをかたろう。

3 これはわれらがさきにいてったこと、またわれらの先祖せんぞたちがわれらにかたつたえたことである。

4 われらはこれを子孫しそんかくさず、しゅ光栄こうえいあるみわざと、そのちからと、しゅのなされたくすしきみわざとをきたるべきげるであろう。

5 しゅはあかしをヤコブのうちにたて、おきてをイスラエルのうちにさだめて、その子孫しそんおしえうべきことをわれらの先祖せんぞたちにめいじられた。

6 これはつぎうまれる子孫しそんがこれをり、みずからおこって、そのまた子孫しそんにこれをつたえ、

7 かれらをしてかみのぞみをおき、かみのみわざをわすれず、そのいましめをまもらせるためである。

8 またその先祖せんぞたちのようにかたくなで、そむくもののやからとなり、そのこころさだまりなく、そのたましいかみ忠実ちゅうじつでないやからとならないためである。

9 エフライムの人々ひとびと武装ぶそうし、ゆみたずさえたが、たたかいのかえした。

10 かれらはかみ契約けいやくまもらず、そのおきてにしたがってあゆむことをこばみ、

11 かみがなされたことと、かれらにしめされたくすしきみわざとをわすれた。

12 かみはエジプトのと、ゾアンのでくすしきみわざをかれらの先祖せんぞたちのまえおこなわれた。

13 かみうみけてかれらをとおらせ、みずたせてやまのようにされた。

14 ひるくもをもってかれらをみちびき、よるは、よもすがらひかりをもってかれらをみちびかれた。

15 かみ荒野あらのいわき、ふちからむようにゆたかにかれらにませ、

16 またいわからながれをいて、かわのようにみずながれさせられた。

17 ところがかれらはなおかみにむかってつみをかさね、荒野あらのでいとたかものにそむき、

18 おのがよくのために食物しょくもつもとめて、そのこころのうちにかみこころみた。

19 またかれらはかみさからってった、「かみ荒野あらのうたげもうけることができるだろうか。

20 よ、かみいわたれると、みずはほとばしりいで、ながれがあふれた。かみはまたパンをあたえることができるだろうか。たみのためににくそなえることができるだろうか」と。

21 それゆえ、しゅいていきどおられた。はヤコブにむかってえあがり、いかりはイスラエルにむかってちのぼった。

22 これはかれらがかみしんぜず、そのすくいちから信用しんようしなかったからである。

23 しかしかみうえなる大空おおぞらめいじててんひらき、

24 かれらのうえにマナをらせてべさせ、てん穀物こくもつかれらにあたえられた。

25 ひと天使てんしのパンをべた。かみかれらに食物しょくもつをおくってらせられた。

26 かみてん東風ひがしかぜかせ、みちからをもって南風みなみかぜみちびかれた。

27 かみかれらのうえにくをちりのようにらせ、つばさあるとりうみすなのようにらせて、

28 その宿営しゅくえいのなか、そのすまいのまわりにおとされた。

29 こうしてかれらはべて、ることができた。かみかれらにそののぞんだものをあたえられたからである。

30 ところがかれらがまだそのよくはなれず、食物しょくもつがなおくちなかにあるうちに、

31 かみいかりがかれらにむかってちのぼり、かれらのうちのもっとつよものころし、イスラエルのうちのえりきのものたおされた。

32 すべてこれらのことがあったにもかかわらず、かれらはなおつみおかし、そのくすしきみわざをしんじなかった。

33 それゆえかみかれらのいきのようにえさせ、かれらのとしおそれをもってごさせられた。

34 かみかれらをころされたとき、かれらはかみをたずね、いてかみ熱心ねっしんもとめた。

35 こうしてかれらは、かみかれらのいわ、いとたかかみかれらのあがないぬしであることをおもした。

36 しかしかれらはそのくちをもってかみにへつらい、そのしたをもってかみいつわりをった。

37 かれらのこころかみにむかって堅実けんじつでなく、かみ契約けいやく真実しんじつでなかった。

38 しかしかみはあわれみにまれるので、かれらの不義ふぎをゆるしてほろぼさず、しばしばそのいかりをおさえて、そのいきどおりをことごとくふりおこされなかった。

39 またかみは、かれらがただにくであって、ればふたたかえりこぬかぜであることをおもされた。

40 いくたびかれらはかみにそむき、荒野あらのかみかなしませたことであろうか。

41 かれらはかさねがさねかみこころみ、イスラエルの聖者せいじゃいからせた。

42 かれらはかみちからをも、かみかれらをあだからあがなわれたをもおもさなかった。

43 かみはエジプトでもろもろのしるしをおこない、ゾアンのでもろもろの奇跡きせきをおこない、

44 かれらのかわかわらせて、そのながれをむことができないようにされた。

45 かみははえのれをかれらのうちにおくってかれらをわせ、かえるをおくってかれらをほろぼされた。

46 またかみかれらの作物さくもつ青虫あおむしにわたし、かれらの勤労きんろうをいなごにわたされた。

47 かみはひょうをもってかれらのぶどうのらし、しもをもってかれらのいちじくくわらされた。

48 かみかれらの家畜かちくをひょうにわたし、かれらのれをえるいなずまにわたされた。

49 かみかれらのうえはげしいいかりと、いきどおりと、うらみと、なやみと、ほろぼす天使てんしれとをはなたれた。

50 かみはそのいかりのためにみちもうけ、かれらのたましいからまぬかれさせず、そのいのちを疫病えきびょうにわたされた。

51 かみはエジプトですべてのういごをち、ハムの天幕てんまくかれらのちからはじめのたれた。

52 こうしてかみはおのれのたみひつじのようにし、かれらを荒野あらのひつじれのようにみちびき、

53 かれらをやすらかにみちびかれたのでかれらはおそれることがなかった。しかしうみかれらのてきをのみつくした。

54 かみかれらをその聖地せいちともない、そのみぎをもってたこのやまともないこられた。

55 かみかれらのまえからもろもろの国民くにたみし、そのけてぎょうとし、イスラエルのしょぞくかれらの天幕てんまくまわせられた。

56 しかしかれらはいとたかかみこころみ、これにそむいて、そのもろもろのあかしをまもらず、

57 そむきって、先祖せんぞたちのように真実しんじつうしない、くるったゆみのようにねじれた。

58 かれらはたかところもうけてかみいからせ、きざんだぞうをもってかみのねたみをおこした。

59 かみいておおいにいかり、イスラエルをまったくしりぞけられた。

60 かみ人々ひとびとのなかにもうけた幕屋まくやなるシロのすまいをて、

61 そのちからをとりことならせ、その栄光えいこうをあだのにわたされた。

62 かみはそのたみをつるぎにわたし、そのぎょうにむかっておおいなるいかりをもらされた。

63 かれらの若者わかものたちをきつくし、かれらのおとめたちは婚姻こんいんうたうしない、

64 かれらの祭司さいしたちはつるぎによってたおれ、かれらのやもめたちはなげかなしむことさえしなかった。

65 そのときしゅねむったもののさめたように、勇士ゆうしさけによってさけぶようにをさまして、

66 そのあだを退しりぞけ、とこしえのはじかれらにわせられた。

67 かみはヨセフの天幕てんまくをしりぞけ、エフライムの部族ぶぞくえらばず、

68 ユダの部族ぶぞくえらび、かみあいするシオンのやまえらばれた。

69 かみはその聖所せいじょたかてんのようにて、とこしえにもといさだめられたのようにてられた。

70 かみはそのしもべダビデをえらんで、ひつじのおりからり、

71 ちちあたえるめすひつじばんをするところからつれてて、そのたみヤコブ、そのぎょうイスラエルの牧者ぼくしゃとされた。

72 こうしてかれなおこころをもってかれらをぼくし、たくみなをもってかれらをみちびいた。