聖典
詩篇33
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第33篇

1 ただしきものよ、しゅによってよろこべ、さんびはなおものにふさわしい。

2 ことをもってしゅをさんびせよ、十弦じゅうげん立琴たてごとをもってしゅをほめたたえよ。

3 あたらしいうたしゅにむかってうたい、よろこびのこえをあげてたくみにことをかきならせ。

4 しゅのみことばはなおく、そのすべてのみわざは真実しんじつだからである。

5 しゅ正義せいぎ公平こうへいとをあいされる。しゅのいつくしみでちている。

6 もろもろのてんしゅのみことばによってつくられ、てん万軍ばんぐんしゅくちいきによってつくられた。

7 しゅうみみずみずがめのなかあつめるようにあつめ、ふかふちくらにおさめられた。

8 ぜんしゅおそれ、むすべてのものしゅおそれかしこめ。

9 しゅおおせられると、そのようになり、めいじられると、かたったからである。

10 しゅはもろもろのくにのはかりごとをむなしくし、もろもろのたみくわだてをくじかれる。

11 しゅのはかりごとはとこしえにち、そのみこころのおもいは世々よよつ。

12 しゅをおのがかみとするくにはさいわいである。しゅがそのぎょうとしてえらばれたたみはさいわいである。

13 しゅてんからおろされ、すべてのひとらを

14 そのおられるところからむすべてのひとをながめられる。

15 しゅはすべてかれらのこころつくり、そのすべてのわざにこころをとめられる。

16 おうはその軍勢ぐんぜいおおきによってすくいない。勇士ゆうしはそのちからおおいなるによってたすけをない。

17 うま勝利しょうりたのみとならない。そのおおいなるちからひとたすけることはできない。

18 よ、しゅしゅおそれるものうえにあり、そのいつくしみをのぞものうえにある。

19 これはしゅかれらのたましいからすくい、ききんのときにもきながらえさせるためである。

20 われらのたましいしゅのぞむ。しゅはわれらのたすけ、われらのたてである。

21 われらはしゅせいなるみ信頼しんらいするがゆえに、われらのこころしゅにあってよろこぶ。

22 しゅよ、われらがのぞむように、あなたのいつくしみをわれらのうえにたれてください。