聖典
詩篇11
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第11篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたダビデのうた

1 わたしはしゅたのむ。なにゆえ、あなたがたはわたしにむかってうのか、「とりのようにやまにのがれよ。

2 よ、しきものは、くらやみで、こころなおものようとゆみり、げんをつがえている。

3 もといりこわされるならば、ただしいものなにをなしようか」と。

4 しゅはそのせいなるみやにいまし、しゅのみくらはてんにあり、そのひとらをみそなわし、そのまぶたはひとらを調しらべられる。

5 しゅただしきものをも、しきものをも調しらべ、そのみこころ乱暴らんぼうこのものにくまれる。

6 しゅしきものうえ炭火すみび硫黄いおうとをらせられる。えるかぜかれらがそのさかずきにうくべきものである。

7 しゅただしくいまして、ただしいことあいされるからである。なおものしゅのみかおあおるであろう。