聖典
詩篇115
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第115篇

1 しゅよ、栄光えいこうをわれらにではなく、われらにではなく、あなたのいつくしみと、まこととのゆえに、ただ、みにのみしてください。

2 なにゆえ、もろもろの国民くにたみうのでしょう、「かれらのかみはどこにいるのか」と。

3 われらのかみてんにいらせられる。かみはみこころにかなうすべてのことおこなわれる。

4 かれらの偶像ぐうぞうはしろがねと、こがねで、ひとのわざである。

5 それはくちがあってもかたることができない。があってもることができない。

6 みみがあってもくことができない。はながあってもかぐことができない。

7 があってもることができない。あしがあってもあるくことができない。また、のどからこえすこともできない。

8 これをつくものと、これに信頼しんらいするものとはみな、これとひとしいものになる。

9 イスラエルよ、しゅ信頼しんらいせよ。しゅかれらのたすけ、またかれらのたてである。

10 アロンのいえよ、しゅ信頼しんらいせよ。しゅかれらのたすけ、またかれらのたてである。

11 しゅおそれるものよ、しゅ信頼しんらいせよ。しゅかれらのたすけ、またかれらのたてである。

12 しゅはわれらをみこころにとめられた。しゅはわれらをめぐみ、イスラエルのいえめぐみ、アロンのいえめぐみ、

13 また、ちいさいものも、おおいなるものも、しゅおそれるものめぐまれる。

14 どうか、しゅがあなたがたをくわえ、あなたがたと、あなたがたの子孫しそんとをくわえられるように。

15 天地てんちつくられたしゅによってあなたがたがめぐまれるように。

16 てんしゅてんである。しかしひとらにあたえられた。

17 んだものも、おとなきところくだものも、しゅをほめたたえることはない。

18 しかし、われらはいまより、とこしえにいたるまで、しゅをほめまつるであろう。しゅをほめたたえよ。