聖典
    詩篇4
    脚注
    Theme

    第4篇

    聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってことにあわせてうたわせたダビデのうた

    1 わたしのたすまもられるかみよ、わたしがばわるとき、おこたえください。あなたはわたしがなやんでいたとき、わたしをくつろがせてくださいました。わたしをあわれみ、わたしのいのりをおきください。

    2 ひとらよ、いつまでわたしのほまれをはずかしめるのか。いつまでむなしい言葉ことばあいし、いつわりをしたもとめるのか。〔セラ

    3 しかしあなたがたはるがよい、しゅかみうやまひとをご自分じぶんのために聖別せいべつされたことを。しゅはわたしがばわるときにおききくださる。

    4 あなたがたはいかっても、つみおかしてはならない。とこうえしずかに自分じぶんこころかたりなさい。〔セラ

    5 のいけにえをささげてしゅたのみなさい。

    6 おおくのひとう、「どうか、わたしたちにことられるように。しゅよ、どうか、みかおひかりをわたしたちのうえてらされるように」と。

    7 あなたがわたしのこころにおあたえになったよろこびは、穀物こくもつと、ぶどうしゅゆたかなときよろこびにまさるものでした。

    8 わたしはやすらかにし、またねむります。しゅよ、わたしをやすらかにおらせてくださるのは、ただあなただけです。