聖典
詩篇146
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第146篇

1 しゅをほめたたえよ。わがたましいよ、しゅをほめたたえよ。

2 わたしはけるかぎりはしゅをほめたたえ、ながらえるあいだは、わがかみをほめうたおう。

3 もろもろのきみ信頼しんらいしてはならない。ひと信頼しんらいしてはならない。かれらにはたすけがない。

4 そのいきていけばかれつちかえる。そのにはかれのもろもろの計画けいかくほろびる。

5 ヤコブのかみをおのがたすけとし、そののぞみをおのがかみしゅにおくひとはさいわいである。

6 しゅてんと、うみと、そのなかにあるあらゆるものをつくり、とこしえに真実しんじつまもり、

7 しえたげられるもののためにさばきをおこない、えたもの食物しょくもつあたえられる。しゅとらわれびとはなたれる。

8 しゅ盲人もうじんひらかれる。しゅはかがむものたせられる。しゅただしいものあいされる。

9 しゅ寄留きりゅう他国たこくじんまもり、みなしごと、やもめとをささえられる。しかし、しきものみちほろびにいたらせられる。

10 しゅはとこしえにおさめられる。シオンよ、あなたのかみはよろずまでおさめられる。しゅをほめたたえよ。