聖典
詩篇57
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第57篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによって、「ほろぼすな」というしらべにあわせてうたわせたダビデのミクタムのうた。これはダビデがほらにはいってサウルのをのがれたときによんだもの

1 かみよ、わたしをあわれんでください。わたしをあわれんでください。わたしのたましいはあなたにたのみます。ほろびのあらしのるまではあなたのつばさかげをわたしのどころとします。

2 わたしはいとたかかみばわります。わたしのためにすべてのことをなしとげられるかみばわります。

3 かみてんからおくってわたしをすくい、わたしをみつけるものをはずかしめられます。〔セラすなわちかみはそのいつくしみとまこととをおくられるのです。

4 わたしはひとらをむさぼりらうししのなかよこたわっています。かれらのはほこ、またかれらのしたするどいつるぎです。

5 かみよ、みずからをてんよりもたかくし、みさかえをぜんうえにあげてください。

6 かれらはわたしのあしとらえようとあみもうけました。わたしのたましいはうなだれました。かれらはわたしのまえあなりました。しかしかれらはみずからそのなかおちいったのです。〔セラ

7 かみよ、わたしのこころさだまりました。わたしのこころさだまりました。わたしはうたい、かつほめたたえます。

8 わがたましいよ、さめよ。立琴たてごとよ、ことよ、さめよ。わたしはしののめをびさまします。

9 しゅよ、わたしはもろもろのたみなかであなたに感謝かんしゃし、もろもろのくになかであなたをほめたたえます。

10 あなたのいつくしみはおおきく、てんにまでおよび、あなたのまことはくもにまでおよびます。

11 かみよ、みずからをてんよりもたかくし、みさかえをぜんうえにあげてください。