聖典
詩篇49
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第49篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたコラのうた

1 もろもろのたみよ、これをけ、すべてものよ、みみかたむけよ。

2 ていきもたかきも、めるもまずしきも、ともみみかたむけよ。

3 わがくち知恵ちえかたり、わがこころ知識ちしきおもう。

4 わたしはみみをたとえにかたむけ、ことらして、わたしのなぞをかそう。

5 わたしをしえたげるもの不義ふぎがわたしをかこなやみのに、どうしておそれなければならないのか。

6 かれらはおのがとみをたのみ、そのたからのおおいのをほこ人々ひとびとである。

7 まことにひとはだれも自分じぶんをあがなうことはできない。そのいのちのあたいかみはらうことはできない。

8, 9 とこしえにきながらえて、はかないためにそのいのちをあがなうには、あまりにあたいたかくて、それを満足まんぞくはらうことができないからである。

10 まことにかしこひとに、おろかなものも、けもののようなものも、ひとしくほろんで、そのとみ他人たにんのこすことはひとるところである。

11 たといかれらはその自分じぶんをもってんでも、はかこそかれらのとこしえのすまい、世々よよかれらのすみかである。

12 ひと栄華えいがのうちにながくとどまることはできない、ほろびうせるけものにひとしい。

13 これぞ自分じぶんをたのむおろかなものどものりゆき、自分じぶんまえよろこものどものはてである。〔セラ

14 かれらは陰府よみさだめられたひつじのようにかれらをぼくするであろう。かれらはまっすぐにはかくだり、そのかたちはえうせ、陰府よみかれらのすまいとなるであろう。

15 しかしかみはわたしをけられるゆえ、わたしのたましい陰府よみちからからあがなわれる。〔セラ

16 ひととみるときも、そのいえさかえがくわわるときも、おそれてはならない。

17 かれぬときはなにひとつたずさくことができず、そのさかえもかれしたがってくだってくことはないからである。

18 たといかれきながらえるあいだ自分じぶん幸福こうふくおもっても、またみずからさいわいときに、人々ひとびとから称賛しょうさんされても、

19 かれはついにおのれの先祖せんぞ仲間なかまつらなる。かれらはえてひかりることがない。

20 ひと栄華えいがのうちにながくとどまることはできない。ほろびうせるけものにひとしい。