聖典
詩篇48
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第48篇

コラのうた、さんび

1 しゅおおいなるかみであって、われらのかみみやこ、そのせいなるやまで、おおいにほめたたえらるべきかたである。

2 シオンのやまきたはしたかくて、うるわしく、ぜんよろこびであり、おおいなるおうみやこである。

3 そのもろもろの殿とののうちにかみはみずからをたかきやぐらとしてあらわされた。

4 よ、おうらはあいかいしてともすすんできたが、

5 かれらはみやこるやおどろき、あわてふためき、いそった。

6 おののきはかれらにのぞみ、そのくるしみはみのくるしみをするおんなのようであった。

7 あなたは東風ひがしかぜおこしてタルシシのふねやぶられた。

8 さきにわれらがいたように、いまわれらは万軍ばんぐんしゅみやこ、われらのかみみやこでこれをることができた。かみはとこしえにこのみやこかたくされる。〔セラ

9 かみよ、われらはあなたのみやのうちであなたのいつくしみをおもいました。

10 かみよ、あなたのほまれは、あなたのみのように、のはてにまでおよびます。あなたのみぎ勝利しょうりちています。

11 あなたのさばきのゆえに、シオンのやまよろこばせ、ユダのむすめたのしませてください。

12 シオンのまわりをあるき、あまねくめぐって、そのやぐらをかぞえ、

13 その城壁じょうへきこころをとめ、そのもろもろの殿とのをしらべよ。これはあなたがたがのちかたつたえるためである。

14 これこそかみであり、世々よよかぎりなくわれらのかみであって、とこしえにわれらをみちびかれるであろう。