聖典
詩篇2
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第2篇

1 なにゆえ、もろもろのくにびとはさわぎたち、もろもろのたみはむなしいことをたくらむのか。

2 のもろもろのおうかまえ、もろもろのつかさはともに、はかり、しゅとそのあぶらそそがれたものとにさからってう、

3 「われらはかれらのかせをこわし、かれらのきずなをてるであろう」と。

4 てんするものわらい、しゅかれらをあざけられるであろう。

5 そしてしゅいきどおりをもってかれらにかたり、はげしいいかりをもってかれらをおそまどわせてわれる、

6 「わたしはわがおうせいなるやまシオンにてた」と。

7 わたしはしゅみことのりをのべよう。しゅはわたしにわれた、「おまえはわたしのだ。きょう、わたしはおまえをんだ。

8 わたしにもとめよ、わたしはもろもろのくにぎょうとしておまえにあたえ、のはてまでもおまえの所有しょゆうとしてあたえる。

9 おまえはてつのつえをもってかれらをやぶり、陶工とうこうつく器物うつわもののようにかれらをくだくであろう」と。

10 それゆえ、もろもろのおうよ、かしこくあれ、のつかさらよ、いましめをうけよ。

11 おそれをもってしゅつかえ、おののきをもって

12 そのあしくちづけせよ。さもないとしゅいかって、あなたがたをみちほろぼされるであろう、そのいきどおりがすみやかにえるからである。すべてしゅたのものはさいわいである。