聖典
詩篇102
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第102篇

くるしむものおもいくずおれてそのなげきをしゅのみまえそそすときのいのり

1 しゅよ、わたしのいのりをおきください。わたしのさけびをみまえいたらせてください。

2 わたしのなやみのにみかおかくすことなく、あなたのみみをわたしにかたむけ、わがばわるに、すみやかにおこたえください。

3 わたしのけむりのようにえ、わたしのほねのようにえるからです。

4 わたしのこころくさのようにたれて、しおれました。わたしはパンをべることをわすれました。

5 わがなげきのこえによってわたしのほねはわたしのにくきます。

6 わたしは荒野あらののはげたかのごとく、れたあとのふくろうのようです。

7 わたしはねむらずに屋根やねにひとりいるすずめのようです。

8 わたしのてきはひねもす、わたしをそしり、わたしをあざけるものはわがによってのろいます。

9 わたしははいをパンのようにべ、わたしのものなみだまじえました。

10 これはあなたのいきどおりといかりのゆえです。あなたはわたしをもたげてげすてられました。

11 わたしのよわいは夕暮ゆうぐれかげのようです。わたしはくさのようにしおれました。

12 しかししゅよ、あなたはとこしえにみくらにし、そのみはよろずおよびます。

13 あなたはってシオンをあわれまれるでしょう。これはシオンをめぐまれるときであり、さだまったときたからです。

14 あなたのしもべはシオンのいしをもよろこび、そのちりをさえあわれむのです。

15 もろもろの国民くにたみしゅのみおそれ、のもろもろのおうはあなたの栄光えいこうおそれるでしょう。

16 しゅはシオンをきずき、その栄光えいこうをもってあらわれ、

17 とぼしいものいのりをかえりみ、かれらのねがいをかろしめられないからです。

18 きたるべきのために、このこときしるしましょう。そうすればあたらしくつくられるたみは、しゅをほめたたえるでしょう。

19 しゅはそのせいなるたかところからおろし、てんからられた。

20 これはとらわれびとなげきをき、さだめられたものはなち、

21 人々ひとびとがシオンでしゅのみをあらわし、エルサレムでそのほまれをあらわすためです。

22 そのときもろもろのたみ、もろもろのくにはともにあつまって、しゅつかえるでしょう。

23 しゅはわたしのちから中途ちゅうとでくじき、わたしのよわいをみじかくされました。

24 わたしはいました、「わがかみよ、どうか、わたしのよわいのなかばでわたしをらないでください。あなたのよわいはよろずおよびます」と。

25 あなたはいにしえ、もといをすえられました。てんもまたあなたのみのわざです。

26 これらはほろびるでしょう。しかしあなたはながらえられます。これらはみなころものようにふるびるでしょう。あなたがこれらを上着うわぎのようにえられると、これらはります。

27 しかしあなたはかわることなく、あなたのよわいはおわることがありません。

28 あなたのしもべのらはやすらかにみ、その子孫しそんはあなたのまえかたてられるでしょう。