聖典
    詩篇39
    脚注
    Theme

    第39篇

    聖歌せいかたい指揮者しきしゃエドトンによってうたわせたダビデのうた

    1 わたしはった、「したをもってつみおかさないために、わたしのみちつつしみ、しきもののわたしのまえにあるあいだはわたしのくちにくつわをかけよう」と。

    2 わたしはもくして物言ものいわず、むなしく沈黙ちんもくまもった。しかし、わたしのなやみはさらにひどくなり、

    3 わたしのこころはわたしのうちにねっし、おもいつづけるほどにえたので、わたしはしたをもってかたった。

    4 しゅよ、わがおわりと、わがかずのどれほどであるかをわたしにらせ、わがいのちのいかにはかないかをらせてください。

    5 よ、あなたはわたしのをつかのまとされました。わたしの一生いっしょうはあなたのまえではにひとしいのです。まことに、すべてのひとはそのさかんなときでもいきにすぎません。〔セラ

    6 まことにひとかげのように、さまよいます。まことにかれらはむなしいことのためにさわぎまわるのです。かれみたくわえるけれども、だれがそれをおさめるかをりません。

    7 しゅよ、いまわたしはなにのぞみましょう。わたしののぞみはあなたにあります。

    8 わたしをすべてのとがからたすし、おろかなものにわたしをあざけらせないでください。

    9 わたしはもくしてくちひらきません。あなたがそれをなされたからです。

    10 あなたがくだされたわざわいをわたしからってください。わたしはあなたのみらされることによりほろびるばかりです。

    11 あなたはつみめてひとらされるとき、そのしたよろこぶものを、しみがうように、ほろぼされるのです。まことにすべてのひといきにすぎません。〔セラ

    12 しゅよ、わたしのいのりき、わたしのさけびにみみかたむけ、わたしのなみだて、もださないでください。わたしはあなたにせるたびびと、わがすべての先祖せんぞたちのように寄留者きりゅうしゃです。

    13 わたしがって、うせないまえに、みかおをそむけて、わたしをよろこばせてください」。