聖典
詩篇52
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第52篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたダビデのマスキールのうた。これはエドムびとドエグがサウルにきて、「ダビデはアヒメレクのいえにきた」とげたときにダビデがよんだもの

1 ちからあるものよ、なにゆえあなたはかみうやまひとあたえたわざわいについてほこるのか。あなたはひねもすひとほろぼすことをたくらむ。

2 虚偽きょぎおこなものよ、あなたのしたするどいかみそりのようだ。

3 あなたはぜんよりもあくこのみ、まことをかたるよりもいつわりをかたることをこのむ。〔セラ

4 あざむきのしたよ、あなたはすべてのほろぼす言葉ことばこのむ。

5 しかしかみはとこしえにあなたをくだき、あなたをとらえて、その天幕てんまくからはなし、けるものから、あなたのやされる。〔セラ

6 ただしいものはこれをおそれ、かれわらってうであろう、

7 かみをおのがどころとせず、そのとみゆたかなるをたのみ、そのたからたのひとよ」と。

8 しかし、わたしはかみいえにあるみどりのオリブののようだ。わたしは世々よよかぎりなくかみのいつくしみをたのむ。

9 あなたがこのことをなされたので、わたしはとこしえに、あなたに感謝かんしゃし、聖徒せいとまえであなたのみをふれしめそう。これはよいことだからである。