聖典
詩篇144
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第144篇

ダビデのうた

1 わがいわなるしゅはほむべきかな。しゅは、いくさすることをわがおしえ、たたかうことをわがゆびおしえられます。

2 しゅはわがいわ、わがしろ、わがたかきやぐら、わが救主すくいぬし、わがたて、わがたのものです。しゅはもろもろのたみをおのれにしたがわせられます。

3 しゅよ、ひとなにものなので、あなたはこれをかえりみ、ひとなにものなので、これをみこころに、とめられるのですか。

4 ひといきにひとしく、そのぎゆくかげにひとしいのです。

5 しゅよ、あなたのてんれてくだり、やまれてけむりさせてください。

6 いなずまをはなってかれらをらし、はなってかれらをやぶってください。

7 たかところからみべて、わたしをすくい、大水おおみずから、異邦人いほうじんからわたしをたすしてください。

8 かれらのくちいつわりをい、そのみぎいつわりのみぎです。

9 かみよ、わたしはあたらしいうたをあなたにむかってうたい、十弦じゅうげん立琴たてごとにあわせてあなたをほめうたいます。

10 あなたはおうたちに勝利しょうりあたえ、そのしもべダビデをすくわれます。

11 わたしを残忍ざんにんなつるぎからすくい、異邦人いほうじんからたすしてください。かれらのくちいつわりをい、そのみぎいつわりのみぎです。

12 われらのむすこたちはそのわかとき、よくそだった草木くさきのようです。われらのむすめたちはみや建物たてもののためにきざまれたすみのはしらのようです。

13 われらのくらちて様々さまざまものそなえ、われらのひつじでちよろずのみ、

14 われらの家畜かちくはみごもってむにあやまることなく、われらのちまたにはなやみのさけびがありません。

15 このような祝福しゅくふくをもつたみはさいわいです。しゅをおのがかみとするたみはさいわいです。