聖典
    詩篇17
    脚注
    Theme

    第17篇

    ダビデのいのり

    1 しゅよ、ただしいうったえをき、わたしのさけびにみこころをとめ、いつわりのないくちびるからるわたしのいのりみみかたむけてください。

    2 どうかわたしについての宣告せんこくがみまえからて、あなたの公平こうへいをみられるように。

    3 あなたがわたしのこころをためし、よる、わたしにのぞみ、わたしをこころみられても、わたしのうちになんのわるおもいをもいだされないでしょう。わたしのくちつみおかしません。

    4 ひとのおこないのことをいえば、あなたのくちびるの言葉ことばによって、わたしは不法ふほうものみちけました。

    5 わたしのあゆみはあなたのみちかたち、わたしのあしはすべることがなかったのです。

    6 かみよ、わたしはあなたにばわります。あなたはわたしにこたえられます。どうかみみかたむけて、わたしのべることをおきください。

    7 たのものをそのあだからみぎすくわれるものよ、あなたのいつくしみをおどろくばかりにあらわし、

    8 ひとみのようにわたしをまもり、みつばさのかげにわたしをかくし、

    9 わたしをしえたげるしきものから、わたしをかこおそろしいてきから、のがれさせてください。

    10 かれらはそのこころじて、あわれむことなく、そのくちをもってたかぶってかたるのです。

    11 かれらはわたしをいつめ、わたしをかこみ、わたしをたおさんと、そのをそそぎます。

    12 かれらはかきかんと、いらだつししのごとく、かくれたところにひそみじしのようです。

    13 しゅよ、ちあがって、かれらにちむかい、かれらをたおしてください。つるぎをもってしきものからわたしのいのちをおすくいください。

    14 しゅよ、みをもって人々ひとびとからわたしをおすくいください。すなわち自分じぶんまえをこのけ、あなたのたからをもってそのはらたされる人々ひとびとからわたしをおすくいください。かれらはおおくのり、そのとみおさのこすのです。

    15 しかしわたしはにあって、みかおざめるとき、みかたちをて、りるでしょう。