聖典
詩篇97
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第97篇

1 しゅおうとなられた。たのしみ、うみ沿ったおおくの国々くにぐによろこべ。

2 くもくらやみとはそのまわりにあり、せいとはそのみくらのもといである。

3 はそのみまえき、そのまわりのあだをきつくす。

4 しゅのいなずまは世界せかいてらし、ておののく。

5 もろもろのやましゅのみまえに、ぜんしゅのみまえに、ろうのようにけた。

6 もろもろのてんはそのをあらわし、よろずのたみはその栄光えいこうた。

7 すべてきざんだぞうおがもの、むなしい偶像ぐうぞうをもってみずからほこものははずかしめをうける。もろもろのかみしゅのみまえにひれす。

8 しゅよ、あなたのさばきのゆえに、シオンはいてよろこび、ユダのむすめたちはたのしむ。

9 しゅよ、あなたはぜんうえにいまして、いとたかく、もろもろのかみにまさっておおいにあがめられます。

10 しゅあくにくものあいし、その聖徒せいとのいのちをまもり、これをしきものからたすされる。

11 ひかりただしいひとのためにあらわれ、よろこびはこころただしいもののためにあらわれる。

12 ただしきひとよ、しゅによってよろこべ、そのせいなるみ感謝かんしゃせよ。