聖典
詩篇45
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第45篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってゆりのはなのしらべにあわせてうたわせたコラののマスキールのうたあいうた

1 わたしのこころはうるわしい言葉ことばであふれる。わたしはおうについてよんだわたしのかたる。わたしのしたはすみやかにものひとふでのようだ。

2 あなたはひとらにまさってうるわしく、気品きひんがそのくちびるにそそがれている。このゆえにかみはとこしえにあなたを祝福しゅくふくされた。

3 ますらおよ、光栄こうえい威厳いげんとをもって、つるぎをこしびよ。

4 真理しんりのため、また正義せいぎまもるために威厳いげんをもって、勝利しょうりすすめ。あなたのみぎはあなたにおそるべきわざをおしえるであろう。

5 あなたのするどくて、おうてきむねをつらぬき、もろもろのたみはあなたのもとにたおれる。

6 かみからたまわったあなたのくらい永遠えいえんにかぎりなくつづき、あなたのおうのつえは公平こうへいのつえである。

7 あなたはあいし、あくにくむ。このゆえにかみ、あなたのかみよろこびのあぶらをあなたのともがらにまさって、あなたにそそがれた。

8 あなたのころもはみな没薬もつやく芦薈ろかい肉桂にっけいで、よいかおりをはなっている。こと象牙ぞうげ殿とのからて、あなたをよろこばせる。

9 あなたのあいするおんなたちのうちにはおうむすめたちがあり、王妃おうひはオフルのきんかざって、あなたのみぎつ。

10 むすめよ、け、かえりみてみみかたむけよ。あなたのたみと、あなたのちちいえとをわすれよ。

11 おうはあなたのうるわしさをしたうであろう。かれはあなたのしゅであるから、かれしおがめ。

12 ツロのたみおくものをもちきたり、たみのうちのめるものもあなたの好意こういもとめる。

13 おうむすめ殿とののうちでさかえをきわめ、こがねをんだころも着飾きかざっている。

14 彼女かのじょりしたころもおうのもとにみちびかれ、そのともびとなるおとめらは彼女かのじょしたがってその行列ぎょうれつにある。

15 かれらはよろこびとたのしみとをもってみちびかれき、おう宮殿きゅうでんにはいる。

16 あなたのらは父祖ふそかわってち、あなたはかれらをぜんきみとするであろう。

17 わたしはあなたのをよろずにおぼえさせる。このゆえにもろもろのたみ世々よよかぎりなくあなたをほめたたえるであろう。