聖典
    詩篇1
    脚注
    Theme

    詩篇しへん

    第1篇

    1 しきもののはかりごとにあゆまず、つみびとのみちたず、あざけるものにすわらぬひとはさいわいである。

    2 このようなひとしゅのおきてをよろこび、ひるよるもそのおきてをおもう。

    3 このようなひとながれのほとりにえられたときるとむすび、そのもしぼまないように、そのなすところはみなさかえる。

    4 しきものはそうでない、かぜるもみがらのようだ。

    5 それゆえ、しきものはさばきにえない。つみびとはただしいもののつどいにつことができない。

    6 しゅただしいものみちられる。しかし、しきものみちほろびる。