聖典
    詩篇47
    脚注
    Theme

    第47篇

    聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたコラのうた

    1 もろもろのたみよ、をうち、よろこびのこえをあげ、かみにむかってさけべ。

    2 いとたかしゅおそるべく、ぜんをしろしめすおおいなるおうだからである。

    3 しゅはもろもろのたみをわれらにしたがわせ、もろもろのくにをわれらのあししたしたがわせられた。

    4 しゅはそのあいされたヤコブのほこりをわれらのぎょうとして、われらのためにえらばれた。〔セラ

    5 かみよろこさけこえともにのぼり、しゅはラッパのこえともにのぼられた。

    6 かみをほめうたえよ、ほめうたえよ、われらのおうをほめうたえよ、ほめうたえよ。

    7 かみぜんおうである。たくみなうたをもってほめうたえよ。

    8 かみはもろもろの国民くにたみおさめられる。かみはそのせいなるみくらにせられる。

    9 もろもろのたみきみたちはつどいて、アブラハムのかみたみとなる。

    10 のもろもろのたてかみのものである。かみおおいにあがめられる。