聖典
詩篇9
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第9篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってムツラベンのしらべにあわせてうたわせたダビデのうた

1 わたしはこころをつくしてしゅ感謝かんしゃし、あなたのくすしきみわざをことごとくつたえます。

2 いとたかものよ、あなたによってわたしはよろこびかつたのしみ、あなたのをほめうたいます。

3 わたしのてき退しりぞくとき、つまずきたおれてあなたのまえほろびました。

4 あなたがわたしのただしいうったえをたすまもられたからです。あなたはみくらにして、ただしいさばきをされました。

5 あなたはもろもろの国民くにたみめ、しきものほろぼし、永久えいきゅうかれらのられました。

6 てきえはてて、とこしえにほろび、あなたがほろぼされたもろもろのまちはその記憶きおくさええうせました。

7 しかししゅはとこしえに、みくらいし、さばきのために、みくらをもうけられました。

8 しゅ正義せいぎをもって世界せかいをさばき、公平こうへいをもってもろもろのたみをさばかれます。

9 しゅはしえたげられるもののとりで、なやみのときのとりでです。

10 ものはあなたにたのみます。しゅよ、あなたをたずもとめるものをあなたはてられたことがないからです。

11 シオンにまわれるしゅにむかってほめうたい、そのみわざをもろもろのたみのなかにつたえよ。

12 ながものにあだをむくいられるしゅかれらをこころにとめ、くるしむものさけびをおわすれにならないからです。

13 しゅよ、わたしをあわれんでください。もんからわたしをきあげられるしゅよ、あだするもののわたしをなやますのをみそなわしてください。

14 そうすれば、わたしはあなたのすべてのほまれべ、シオンのむすめもんで、あなたのすくいよろこぶことができましょう。

15 もろもろの国民くにたみ自分じぶんつくったあなおちいり、かくもうけたあみ自分じぶんあしとらえられる。

16 しゅはみずからをらせ、さばきをおこなわれた。しきもの自分じぶんつくったわなにとらえられる。〔ヒガヨン、セラ

17 しきもの、またかみわすれるもろもろの国民くにたみ陰府よみってく。

18 まずしいものつねわすれられるのではない。くるしむもののぞみはとこしえにほろびるのではない。

19 しゅよ、ちあがってください。ひと勝利しょうりさせず、もろもろの国民くにたみに、みまえでさばきをけさせてください。

20 しゅよ、かれらにおそれをおこさせ、もろもろの国民くにたみ自分じぶんがただ、ひとであることをらせてください。〔セラ