聖典
詩篇133
戻る 次へ


第133篇

ダビデがよんだみやこもうでのうた

1 よ、兄弟きょうだい和合わごうしてともにおるのはいかにうるわしくたのしいことであろう。

2 それはこうべにそそがれたたっとあぶらがひげにながれ、アロンのひげにながれ、そのころものえりにまでながれくだるようだ。

3 またヘルモンのつゆがシオンのやまくだるようだ。これはしゅがかしこに祝福しゅくふくめいじ、とこしえにいのちあたえられたからである。