聖典
詩篇126
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第126篇

みやこもうでのうた

1 しゅがシオンの繁栄はんえい回復かいふくされたとき、われらはゆめみるもののようであった。

2 そのときわれらのくちわらいでたされ、われらのしたよろこびのこえたされた。そのときしゅかれらのためにおおいなることをなされた」とったものが、もろもろの国民くにたみなかにあった。

3 しゅはわれらのためにおおいなることをなされたので、われらはよろこんだ。

4 しゅよ、どうか、われらの繁栄はんえいを、ネゲブのかわのように回復かいふくしてください。

5 なみだをもってたねまくものは、よろこびのこえをもってる。

6 たねたずさえ、なみだながしてものは、たばたずさえ、よろこびのこえをあげてかえってくるであろう。