聖典
詩篇27
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第27篇

ダビデのうた

1 しゅはわたしのひかり、わたしのすくいだ、わたしはだれをおそれよう。しゅはわたしのいのちのとりでだ。わたしはだれをおじおそれよう。

2 わたしのあだ、わたしのてきであるあくおこなものどもが、おそってきて、わたしをそしり、わたしをめるとき、かれらはつまずきたおれるであろう。

3 たとい軍勢ぐんぜい陣営じんえいって、わたしをめても、わたしのこころおそれない。たといいくさがって、わたしをめても、なおわたしはみずからたのむところがある。

4 わたしは一つのことしゅねがった、わたしはそれをもとめる。わたしのきるかぎり、しゅいえんで、しゅのうるわしきを、そのみやたずねきわめることを。

5 それはしゅなやみのに、その仮屋かりやのうちにわたしをひそませ、その幕屋まくやおくにわたしをかくし、いわうえにわたしをたかかれるからである。

6 いまわたしのこうべはわたしをめぐるてきうえたかくあげられる。それゆえ、わたしはしゅ幕屋まくやよろこびのこえをあげて、いけにえをささげ、うたって、しゅをほめたたえるであろう。

7 しゅよ、わたしがこえをあげてばわるとき、いて、わたしをあわれみ、わたしにこたえてください。

8 あなたはおおせられました、「わがかおをたずねもとめよ」と。あなたにむかって、わたしのこころいます、「しゅよ、わたしはみかおをたずねもとめます」と。

9 かおをわたしにかくさないでください。いかってあなたのしもべを退しりぞけないでください。あなたはわたしのたすけです。わがすくいかみよ、わたしをし、わたしをてないでください。

10 たとい父母ふぼがわたしをてても、しゅがわたしをむかえられるでしょう。

11 しゅよ、あなたのみちをわたしにおしえ、わたしのあだのゆえに、わたしをたいらかなみちみちびいてください。

12 わたしのあだののぞむがままに、わたしをわたさないでください。いつわりのあかしをするものがわたしにさからっておこり、暴言ぼうげんくからです。

13 わたしはしんじます、けるものでわたしはしゅめぐみをることを。

14 しゅのぞめ、つよく、かつ雄々おおしくあれ。しゅのぞめ。