聖典
詩篇62
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第62篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってエドトンのしらべにしたがってうたわせたダビデのうた

1 わがたましいはもだしてただかみをまつ。わがすくいかみからる。

2 かみこそわがいわ、わがすくい、わがたかきやぐらである。わたしはいたくうごかされることはない。

3 あなたがたは、いつまでひとせまるのか。あなたがたはみなかたむいたいしがきのように、うごくまがきのようにひとたおそうとするのか。

4 かれらはひとたっと地位ちいからおとそうとのみはかり、いつわりをよろこび、そのくちでは祝福しゅくふくし、こころのうちではのろうのである。〔セラ

5 わがたましいはもだしてただかみをまつ。わがのぞみはかみからるからである。

6 かみこそわがいわ、わがすくい、わがたかきやぐらである。わたしはうごかされることはない。

7 わがすくいとわがほまれとはかみにある。かみはわがちからいわ、わがどころである。

8 たみよ、いかなるときにもかみ信頼しんらいせよ。そのみまえにあなたがたのこころそそせ。かみはわれらのどころである。〔セラ

9 ひくひとはむなしく、たかひといつわりである。かれらをはかりにおけば、かれらはともいきよりもかるい。

10 あなたがたは、しえたげにたよってはならない。かすめうばうことに、むなしいのぞみをおいてはならない。とみくわわるとき、これにこころをかけてはならない。

11 かみはひとたびわれた、わたしはふたたびこれをいた、ちからかみぞくすることを。

12 しゅよ、いつくしみもまたあなたにぞくすることを。あなたはひとおのおののわざにしたがってむくいられるからである。