聖典
詩篇40
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第40篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたダビデのうた

1 わたしはしのんでしゅのぞんだ。しゅみみかたむけて、わたしのさけびをかれた。

2 しゅはわたしをほろびのあなから、どろぬまからきあげて、わたしのあしいわうえにおき、わたしのあゆみをたしかにされた。

3 しゅあたらしいうたをわたしのくちさづけ、われらのかみにささげるさんびのうたをわたしのくちさづけられた。おおくのひとはこれをおそれ、かつしゅ信頼しんらいするであろう。

4 しゅをおのがたのみとするひとたかぶるものにたよらず、いつわりのかみまよものにたよらないひとはさいわいである。

5 わがかみしゅよ、あなたのくすしきみわざと、われらをおもうみおもいとはおおくて、くらべうるものはない。わたしはこれをかたべようとしてもおおくてかぞえることはできない。

6 あなたはいけにえとそなものとをよろこばれない。あなたはわたしのみみひらかれた。あなたは燔祭はんさい罪祭ざいさいとをもとめられない。

7 そのときわたしはった、「よ、わたしはまいります。しょまきに、わたしのためにしるされています。

8 わがかみよ、わたしはみこころをおこなうことをよろこびます。あなたのおきてはわたしのこころのうちにあります」と。

9 わたしはおおいなる集会しゅうかいで、すくいについてのよろこびのおとずれをしめしました。よ、わたしはくちびるをじませんでした。しゅよ、あなたはこれをごぞんじです。

10 わたしはあなたのすくいこころのうちにかくしおかず、あなたのまこととすくいとをしめしました。わたしはあなたのいつくしみとまこととをおおいなる集会しゅうかいかくしませんでした。

11 しゅよ、あなたのあわれみをわたしにしまず、あなたのいつくしみとまこととをもってつねにわたしをおまもりください。

12 かぞえがたいわざわいがわたしをかこみ、わたしの不義ふぎがわたしにせまって、物見ものみることができないまでになりました。それはわたしのあたまよりもおおく、わたしのこころえうせるばかりになりました。

13 しゅよ、みこころならばわたしをおすくいください。しゅよ、すみやかにわたしをおたすけください。

14 わたしのいのちをうばおうとたずもとめるものどもをことごとくじあわてさせてください。わたしのそこなわれることをねがものどもをうしろに退しりぞかせ、はじわせてください。

15 わたしにむかって「あはぁ、あはぁ」とものどもを自分じぶんはじによっておそれおののかせてください。

16 しかし、すべてあなたをたずもとめるものはあなたによってよろこたのしむように。あなたのすくいあいするものつねに「しゅおおいなるかな」ととなえるように。

17 わたしはまずしく、かつとぼしい。しかししゅはわたしをかえりみられます。あなたはわがたすけ、わが救主すくいぬしです。わがかみよ、ためらわないでください。