聖典
    詩篇106
    脚注
    Theme

    第106篇

    1 しゅをほめたたえよ。しゅ感謝かんしゃせよ、しゅめぐみふかく、そのいつくしみはとこしえにえることがない。

    2 だれがしゅ大能たいのうのみわざをかたり、そのほまれをことごとくいあらわすことができようか。

    3 公正こうせいまも人々ひとびとつね正義せいぎおこなひとはさいわいである。

    4 しゅよ、あなたがそのたみめぐまれるとき、わたしをおぼえてください。あなたがかれらをすくわれるとき、わたしをたすけてください。

    5 そうすれば、わたしはあなたのえらばれたもの繁栄はんえい、あなたの国民くにたみよろこびをよろこび、あなたのぎょうともほこることができるでしょう。

    6 われらは先祖せんぞたちとおなじくつみおかした。われらは不義ふぎをなし、しきことをおこなった。

    7 われらの先祖せんぞたちはエジプトにいたとき、あなたのくすしきみわざにこころめず、あなたのいつくしみのゆたかなのをおもわず、紅海こうかいで、いとたかかみにそむいた。

    8 けれどもしゅはその大能たいのうらせようと、みのためにかれらをすくわれた。

    9 しゅ紅海こうかいをしかって、それをかわかし、かれらをみちびいて荒野あらのくように、ふちとおらせられた。

    10 こうしてしゅかれらをあだのからすくい、てきちからからあがなわれた。

    11 みずかれらのあだをおおったので、そのうち、ひとりものこったものはなかった。

    12 このときかれらはそのみ言葉ことばしんじ、そのほまれうたった。

    13 しかしかれらはまもなくそのみわざをわすれ、そのすすめをたず、

    14 でわがままな欲望よくぼうおこし、荒野あらのかみこころみた。

    15 しゅかれらにそのもとめるものをあたえられたが、かれらのうちに病気びょうきおくって、やせおとろえさせられた。

    16 人々ひとびと宿営しゅくえいのうちでモーセをねたみ、しゅ聖者せいじゃアロンをねたんだとき、

    17 ひらけてダタンをみ、アビラムの仲間なかまをおおった。

    18 はまたこの仲間なかまのうちにおこり、ほのおしきものきつくした。

    19 かれらはホレブでうしつくり、鋳物いものぞうおがんだ。

    20 かれらはかみ栄光えいこうくさうしぞうえた。

    21, 22 かれらは、エジプトでおおいなることをなし、ハムのでくすしきみわざをなし、紅海こうかいのほとりでおそるべきことをなされた救主すくいぬしなるかみわすれた。

    23 それゆえ、しゅかれらをほろぼそうとわれた。しかししゅのおえらびになったモーセはやぶくちしゅのみまえち、みいかりをきかえして、ほろびをまぬかれさせた。

    24 かれらはうるわしいあなどり、しゅ約束やくそくしんぜず、

    25 またその天幕てんまくでつぶやき、しゅのみこえしたがわなかった。

    26 それゆえ、しゅはみをあげて、かれらにちかい、かれらを荒野あらのたおれさせ、

    27 またその子孫しそんを、もろもろの国民くにたみのうちにらし、もろもろのかれらをまきらそうとされた。

    28 またかれらはペオルのバアルをしたって、んだものにささげた、いけにえをべた。

    29 かれらはそのおこないをもってしゅいからせたので、かれらのうちに疫病えきびょうおこった。

    30 そのときピネハスがって仲裁ちゅうさいにはいったので、疫病えきびょうはやんだ。

    31 これによってピネハスはよろずまで、とこしえにとされた。

    32 かれらはまたメリバのみずのほとりでしゅいからせたので、モーセはかれらのためにわざわいにあった。

    33 これはかれらがかみれいにそむいたとき、かれがそのくちびるで軽率けいそつなことをったからである。

    34 かれらはしゅめいじられたもろもろのたみほろぼさず、

    35 かえってもろもろの国民くにたみとまじってそのわざにならい、

    36 自分じぶんたちのわなとなった偶像ぐうぞうつかえた。

    37 かれらはそのむすこ、むすめたちを悪霊あくれいにささげ、

    38 つみのない、すなわちカナンの偶像ぐうぞうにささげたそのむすこ、むすめたちのながした。こうしてくにけがされた。

    39 このようにかれらはそのわざによっておのれをけがし、そのおこないによって姦淫かんいんをなした。

    40 それゆえ、しゅいかりがそのたみにむかってえ、そのぎょうにくんで、

    41 かれらをもろもろの国民くにたみにわたされた。かれらはおのれをにくものおさめられ、

    42 そのてきにしえたげられ、そのちからした征服せいふくされた。

    43 しゅはしばしばかれらをたすけられたが、かれらははかりごとをもうけてそむき、その不義ふぎによってひくくされた。

    44 それにもかかわらず、しゅかれらのさけびをかれたとき、そのなやみをかえりみ、

    45 その契約けいやくかれらのためにおもし、そのいつくしみのゆたかなるにより、みこころをえられ、

    46 かれらをとりこにしたものどもによって、あわれまれるようにされた。

    47 われらのかみしゅよ、われらをすくって、もろもろの国民くにたみのなかからあつめてください。われらはあなたのせいなるみ感謝かんしゃし、あなたのほまれほこるでしょう。

    48 イスラエルのかみしゅはとこしえからとこしえまでほむべきかな。すべてのたみは「アァメン」ととなえよ。しゅをほめたたえよ。